鶴見区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる 山内 秀行さん 潮田町在住 65歳

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena

大好きな地域とともに

 ○…多世代交流を目的として、初めて開催される「うしおだ健康フェスタ」。その町での人脈を使って、開催までの道筋を作ってきた。「しっかり予算があるわけではないから、地域でできることを募って、できるものを集めた手作りの企画。高齢者が外に出るきっかけになればいい」

 ○…生まれも育ちも鶴見。豊岡小に通い、總持寺にあった池で遊び回り、木刀を持った警備のおじさんに追いかけられた。プラモデルいじりが好きで、もともと手先は器用。専門学校で経営や電気について学びながら、父が創業した電業社に入社。仕事に励みながらも、25歳から消防団に入団。「当時の町内会長に誘われて、半ば無理やりね」と笑うが、10年続けた。「今はできないけど、当時は練習終わりの一杯が楽しみで」とにやり。「地域で知り合いが増えることが嬉しかったし、楽しかった」。その後も青少年指導員として活動。店をたたんだ今でも、防犯灯が壊れた、器具を取り換えたいなど、近隣から依頼があれば飛んでいくお助け屋さんとして活躍。ずっと地域とともに歩んできた。

 ○…趣味はサーフィン。幼い頃は潮田公園のプールに毎日入り、中高は水泳部。18歳から波に乗り始めた。「自然相手だから、常に変わるし、考えなくてはならない。上手く乗れた時の爽快感といったらないよ」。お酒も好きで、向井町の中村屋で立ち飲みが日課。「下町感がたまらないね」

 ○…町内会役員の高齢化を懸念し、もっと若い人にも関心を持ってほしいと感じている。「今の若い人は共働きも多いから、なかなか参加が難しいかもしれないが、簡単な所からでいい。いざという時に頼りになるのが地域のつながり」。自身の経験を活かしながら、町をより良くするきっかけづくりのために奔走していく。

鶴見区版の人物風土記最新6

後関 悦久さん

ボランティア団体・おっさんネットワークつるみの蕎麦打ち活動をまとめる

後関 悦久さん

上末吉在住 75歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

塩田 航佑さん

中学生映画監督として活躍する

塩田 航佑さん

横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校3年

2月6日号

KIAさん(本名:上野 亜揮)

潮田地区センターを拠点に練習するジャグリング世界ファイナリスト

KIAさん(本名:上野 亜揮)

市場下町在住 23歳

1月30日号

藤井 文(あや)さん

東京2020オリンピック聖火リレー神奈川県実行委員会が推薦する聖火ランナーに選ばれた

藤井 文(あや)さん

鶴見中央在住 47歳

1月16日号

望月 佳子さん

鶴見区盛り上げ隊の発起人として活動する

望月 佳子さん

東寺尾在住 45歳

12月19日号

日下 晋輔さん

国際交流ラウンジの館長を務める

日下 晋輔さん

鶴見中央在勤 48歳

12月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク