鶴見区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

横浜繊維振興会による9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた 新木 杜希美(ときみ)さん 鶴見中央在学 19歳

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena

お洒落の楽しさ知って

 ○…世界最高水準の技術で作られるシルク製品ブランド「横浜スカーフ」。最年少の親善大使として魅力を広める。普段は横浜ファッションデザイン専門学校のファッションビジネス科夜間部の学生。今年の2月、サルビアホールで行われた学校のファッションショーでドレスを着たのがスカーフとの初めての出会いだった。「さらさらしてとても着心地が良かった」と魅力を語る。

 ○…寒川町在住。子どもの頃から足が速く、中学では陸上部に所属。部活に没頭し「ジャージばっかり着てました」と苦笑する。ファッションに興味を持ったのは高校生になってから。お洒落な友人の影響だった。「デニムがよく似合う子で、自分ももっとお洒落したいと思った」。バイトを掛け持ちしながら、友人とショッピングを楽しんだ。できるだけネットではなく、現物を試着。「やっぱり着ないと分からないから」

 ○…4人兄弟の上から2番目。自分以外は全員男兄弟で「好物を巡って喧嘩する」と笑う。夜の散歩が大好きでこの前は気付けば14Kmも歩いていた。「さすがに次の日は筋肉痛になりました」。今も続けるカラオケ店では、バイトリーダーを任されるしっかり者。地域に合った店づくりを展開するエリアマネージャーに憧れ、「将来はアパレル店の店長になって店づくりをしたい」と目を輝かせる。

 ○…親善大使としての任期は一年。参加するはずだった5月のパレードはコロナウイルスの影響で中止に。次のイベントは秋ごろを予定するが、行事がなくてもSNSでの発信に力を入れたいと意気込む。「簡単で可愛い結び方やアクセントとしての付け方など、同年代に伝えられれば」。スカーフを通してお洒落の楽しさを発信していく。

鶴見区版の人物風土記最新6

新堀 望さん

横濱つるみきもの倶楽部の代表として奔走する

新堀 望さん

佃野町在住 49歳

9月23日号

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

平安名 雄喜さん

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した

平安名 雄喜さん

小野町在住 33歳

9月2日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月26日号

片岡 由紀さん

箏奏者として日本の伝統楽器・箏の魅力を広める

片岡 由紀さん

上末吉在住 47歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員財務副大臣)を任命

    9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook