鶴見区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

豊岡地区老人会連合会の文化祭を主体となり運営してきた 吉田 千賀子さん 豊岡町在住 78歳

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

地域のため まっすぐに

 ○…地域の”芸術家”たちの年に一度の集大成の場である豊岡地区老人会連合会の文化祭。会場設営や合同作品の企画など、多岐に渡る仕事を先導し、主体となって運営してきた。夫は物作りが好きで毎回多彩な作品を出展。「私は全然だめなんだけど」とおちゃめな笑み。現在は所属する老人会の会計や、区老連の女性委員会の長を務めるなど、幅広く活動する。

 ○…結婚し、21歳の頃に鶴見に来た。女性は家に入ることが多かった当時、家庭の事情で事務員として働いた。「他の人が羨ましいと思うこともあった」と振り返るが、懸命に勤めた成果が認められ、管理職にまで上り詰めた。「壁があると燃えて、負けず嫌いなんです」。地域の人から「あなたとは話さないと思っていた」と言われるほど、自他ともに認める仕事人間だった。他のことにも目を向けようと、草だらけだった近所の道を自発的に掃除。以降、老人会や民生委員などに所属。広報紙を自ら発行するなど、活動に工夫も盛り込んだ。「仕事ばかりだった時よりも、視野が広がった」

 ○…夫と娘の3人家族。趣味は山登り。同僚の勧めがきっかけで、夫と百名山を回り、99を制覇。「苦しいけど素晴らしい景色が待っている」。昨年入院した夫のため、娘は頻繁に車で来てくれる。「仕事ばかりで寂しい思いをさせたのに良い娘を持った」

 ○…民生委員時代、見回っていた一人暮らしの高齢女性が動けない状態になっていたことが忘れられない。街で知り合いに会った際は必ず声をかけ、会話を大切にする。「お隣さんが一人だからご飯を持っていくとか、そんな昔のご近所づきあいができるようになればいい」。みんなで見守りあえる地域を作るために、奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 静代さん

日本最高峰となる国風盆栽展に6年連続出品を果たした

中西 静代さん

鶴見中央在住 79歳

3月4日号

間口 節子さん

史季の郷のボランティアとして近隣学校で「昔の洗濯体験」を行う

間口 節子さん

矢向在住 69歳

2月25日号

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

【WEB限定記事】東宝タクシー(株)で働き、”タクチューバ―”として活躍する

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

区内在住 46歳

2月18日号

Akoさん(本名:本田葵子)

プロダンスリーグで活躍する

Akoさん(本名:本田葵子)

佃野町在住 18歳

2月11日号

野路 晶基さん

(公社)鶴見法人会青年部会部会長として活躍する

野路 晶基さん

尻手在住 43歳

2月4日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月28日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク