鶴見区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

近隣の学校で絵画や染め物などを子どもたちに教える 村松 緑さん 朝日町在住 

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい「桜梅桃李(おうばいとうり)」

 ○…自宅近くのアトリエで絵画教室を開く傍ら、近隣学校へ訪問。このほど、鶴見小学校で叩き染めを指導した。「染め物は手間もかかるしすぐには色付かない。でもそれがいい」。アトリエには自然の柔らかい色で染められた小物が並ぶ。「芸術は必要ないものと思われがちだけど、想像力や壁にぶつかった時に立ち直る心の体力を作ってくれるもの」。はつらつとした口調に柔らかい笑顔が印象的だ。

 ○…彫刻家の祖父、画家の父をもつ芸術家一家。自身も芸術の道に進んだ。「親の苦労を見てきたから、自分はならないって思ってたんだけどね」と笑う。制作は自分と向き合う孤独な作業。外に出て人と関わりたいと、地域のモニュメント制作など進んで行ってきた。「喜んでもらえると、それが嬉しくて。制作にも良い影響を与えてくれた」。子どもが3歳になった頃、絵画教室を開始。「元気がなかった子も授業後には楽しかったって帰っていく」。芸術が与える子どもたちへの影響を実感した。

 ○…自宅近くに教室とは別にアトリエを借り、そこで制作活動を行う。「死ぬまで出品は続けたい」。息抜きは読書。小説や哲学書など幅広く読む。展覧会や個展に行って友人と交流することも楽しみだ。娘が入船公園で働く縁で、2年ほど前から同園のスケッチ、草木染め教室の講師も担当。「桜にタデアイ、あそこは宝の山」

 ○…大切にしている言葉は”桜梅桃李(おうばいとうり)”。「芸術には答えがない。10人いたら10人全てが正解。みんなそれぞれの良さがあることを伝えたい」。最近では住民からもらったひょうたんを生徒たちと色付けるなど、継続して交流を深める。「いくらでもアイデアある」。芸術を通し、黄梅桃李を伝えるため、奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

相澤 竜太さん

鶴見中央のダンススタジオWAAAPSの代表を務める

相澤 竜太さん

佃野町在住 36歳

10月7日号

高山 智恵子さん

馬場花木園・旧藤本家住宅の館長を務める

高山 智恵子さん

馬場在勤 65歳

9月30日号

新堀 望さん

横濱つるみきもの倶楽部の代表として奔走する

新堀 望さん

佃野町在住 49歳

9月23日号

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(前 参議院議員 前 財務副大臣)を任命

    10月14日号

  • 未来ある中高生のためヤングケアラー支援実現

    県政報告ひでしの「実績で勝負」62

    未来ある中高生のためヤングケアラー支援実現

    公明党 鈴木 ひでし

    10月14日号

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員 前財務副大臣)を任命

    10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook