鶴見区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

近隣の学校で絵画や染め物などを子どもたちに教える 村松 緑さん 朝日町在住 

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

伝えたい「桜梅桃李(おうばいとうり)」

 ○…自宅近くのアトリエで絵画教室を開く傍ら、近隣学校へ訪問。このほど、鶴見小学校で叩き染めを指導した。「染め物は手間もかかるしすぐには色付かない。でもそれがいい」。アトリエには自然の柔らかい色で染められた小物が並ぶ。「芸術は必要ないものと思われがちだけど、想像力や壁にぶつかった時に立ち直る心の体力を作ってくれるもの」。はつらつとした口調に柔らかい笑顔が印象的だ。

 ○…彫刻家の祖父、画家の父をもつ芸術家一家。自身も芸術の道に進んだ。「親の苦労を見てきたから、自分はならないって思ってたんだけどね」と笑う。制作は自分と向き合う孤独な作業。外に出て人と関わりたいと、地域のモニュメント制作など進んで行ってきた。「喜んでもらえると、それが嬉しくて。制作にも良い影響を与えてくれた」。子どもが3歳になった頃、絵画教室を開始。「元気がなかった子も授業後には楽しかったって帰っていく」。芸術が与える子どもたちへの影響を実感した。

 ○…自宅近くに教室とは別にアトリエを借り、そこで制作活動を行う。「死ぬまで出品は続けたい」。息抜きは読書。小説や哲学書など幅広く読む。展覧会や個展に行って友人と交流することも楽しみだ。娘が入船公園で働く縁で、2年ほど前から同園のスケッチ、草木染め教室の講師も担当。「桜にタデアイ、あそこは宝の山」

 ○…大切にしている言葉は”桜梅桃李(おうばいとうり)”。「芸術には答えがない。10人いたら10人全てが正解。みんなそれぞれの良さがあることを伝えたい」。最近では住民からもらったひょうたんを生徒たちと色付けるなど、継続して交流を深める。「いくらでもアイデアある」。芸術を通し、黄梅桃李を伝えるため、奔走する。

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

鈴木 雅己さん

鶴見警察署長に就任した

鈴木 雅己さん

鶴見中央在勤 57歳

4月1日号

有限会社カモシダ

鶴見区江ケ崎町16番21号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仲通りでマルシェ

連休中2企画

仲通りでマルシェ

4月29日~5月9日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter