鶴見区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

(公社)鶴見法人会青年部会長として尽力する 田中 規義さん 寺谷在住 42歳

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena

受け止め、まとめ、思い形に

 ○…「先頭より屋台骨」。柔らかな物腰と丁寧な口調が印象的な新部会長は、自嘲気味にそう語る。「これまで」が通じなくなったコロナ禍。「やれることをやる。色んな意見を全て受け止め調整していく役目」。鶴見法人会の若手組織として、推進のエンジンだった青年部会だが、活動がままならない今、アイドリング状態が続く。「耐え時。とどまって水が濁らないように、次の一歩目を見定めたい」

 ○…生まれも育ちも鶴見。専門学校卒業後、測量の会社に勤め、25歳のときに実家の不動産業・(株)ツルダイ商事に戻った。青年部会には、その後すぐ入会。「若い人もいるというから入ったら、5年間、ずっと一番下だった」と笑う。18歳から30歳までが参加する奉仕活動団体・横浜東ローターアクトクラブ、横浜青年会議所などにも参加。「断るのが得意じゃなくて」と苦笑するが、先輩や仲間との出会いのたび、断らなくてよかったと感じてきた。

 ○…妻と2人の息子と暮らす。本業に所属団体の活動が多忙で、一カ月ほぼ仕事という生活をこなしてきた。ここ数年、いくつか卒業したこととコロナも相まって、月に一度、庭でバーベキューを楽しむ。「やっと人並みの生活」とおどける。最近は妻と家の中の掃除も日課に。「使えるもの少数でいい。考え方が変わりますね」

 ○…市内に7つある法人会で、区単独の会は鶴見だけ。その誇りを持つ。「でも、このままだと危険水域。鶴見のブランド力向上が必要」。それぞれの立場でコロナに立ち向かう会員たちの思いをすくいとり、エンジンをあたため続ける。「多くの先輩に教わってきた。そのバトンをつなぎたい」。ロケットスタートに向け、屋台骨を支えていく。

鶴見区版の人物風土記最新6

新堀 望さん

横濱つるみきもの倶楽部の代表として奔走する

新堀 望さん

佃野町在住 49歳

9月23日号

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

鶴見邦楽連盟の会長として日本の伝統芸能を広める

藤間 勘淑翠さん(本名:横田和子)

佃野町在住 77歳

9月16日号

小峯 宏秋さん

ふるさと寺尾実行委員会の代表として奔走する

小峯 宏秋さん

東寺尾在住 54歳

9月9日号

平安名 雄喜さん

まちを盛り上げようとキッチンカーマルシェを企画した

平安名 雄喜さん

小野町在住 33歳

9月2日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

8月26日号

片岡 由紀さん

箏奏者として日本の伝統楽器・箏の魅力を広める

片岡 由紀さん

上末吉在住 47歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 信頼そのままに。

    意見広告

    信頼そのままに。

    自由民主党は衆議院神奈川三区(鶴見区・神奈川区)支部長に中西けんじ(参議院議員財務副大臣)を任命

    9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook