鶴見区版 掲載号:2022年3月31日号 エリアトップへ

(一社)Omoshiroの代表理事を務める 勝呂 ちひろさん 本町通在勤 40歳

掲載号:2022年3月31日号

  • LINE
  • hatena

「助けて」と言える仕組みを

 ○…「親子まるっと伴走支援」を掲げ、精神疾患を抱えた親やその子どもたちを支援する(一社)Omoshiro。子どもたちの生き抜く力を育む居場所づくりとして毎月、知り合いの大人を巻き込んでイベントを開催。「子どもたちが将来、様々な壁にぶつかった時、人脈や経験が助けになるはず」

 ○…子どもが大好き。学生時代は学童のバイトやひきこもりがちな子どもたちと触れ合う横浜市の事業に参加してきた。進路を考えた時、興味を持った精神保健福祉士。「精神疾患は誰でもなるなって思ったんです」。資格を取得し、川崎市内のグループホームなどに勤務した後、ケアマネジャーとして鶴見区生活支援センターへ。そこで担当したうつ病の母。懸命なサポートで少しずつ回復していったが、子どもは床一面に荷物が溢れた部屋から教科書を取り出し登校。学力も追いつかないまま成長していた。「子どもらしい時間が守れなかった」。親子をまるごと支援したい。思いが生まれた瞬間だった。周囲に支えられ、まだ縁の薄い鶴見で昨年、独立した。

 ○…小学生と中学生の母。「自分の子からは鬼って言われます」と笑う。子育てを経て支援する母たちと実体験として話せるように。教えることも、教わることももちろんある。「人と話すことが好き。話すために人に会いに行っています」

 ○…子どもたちの居場所を増やすため、継続しながら活動を知ってもらい、様々な場所に派生することを願う。「私は苦手なことやできないことがたくさんある。それを誰より自分で分かってる。だから助けてもらってるし、誰でも助けてと言える仕組み作りがしたい」。大きな愛を持ちながら、よりよい社会を目指して奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。鶴見区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

江ケ崎町在住 27歳

5月19日号

東宝タクシー株式会社

鶴見で働く、鶴見で生きる

http://www.toho-recruit.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook