箱根・湯河原・真鶴版

2011年4月の記事一覧

  • 片浦レモンサイダー登場

    片浦レモンサイダー登場

     片浦レモン100%使用のレモンサイダーがこのほど発売された。これは、報徳二宮神社(草山明久宮司)とみかん農家の鈴木伸幸さんが発起人となり、小田原の名...(続きを読む)

  • 私たちの元気が被災地復興に繋がる

    寄 稿

    私たちの元気が被災地復興に繋がる

    衆議院議員 神山 洋介

    テレビに映らない被災地の現実  「被災地の両親にどうにか連絡をとれないか(秦野)」、「病院まで計画停電で生...(続きを読む)

  • 山田とうしさん来場

    29(祝)・30(土) 箱根園でパントマイムショー

    山田とうしさん来場

     今月29・30日に人気のパントマイム演者・山田とうしさんが芦ノ湖畔・箱根園でパントマイムショーを繰り広げる。山田さんは国際マイムフェスティバルをはじ...(続きを読む)

  • 真鶴町議ら

    "逃げ道"を調査

     真鶴町では先月25日、町議11人が「津波ハザードマップ」を歩いて検証した。これは数年前に県が製作したもので、浸水被害を色分けし、避経路も示されている...(続きを読む)

  • 回復の兆し

    GW直前

    回復の兆し

    再開ロマンスカーで初日3000人下車

     小田急電鉄が4/29から5/8までのロマンスカーをほぼ通常通り運行する事を発表した。16日には山口昇士町長をはじめ観光関係者約200人がロマンスカー...(続きを読む)

  • 駒 慎司さん

    小田原箱根商工会議所箱根青年部23年度会長に就任する

    駒 慎司さん

    箱根町芦之湯出身 40歳

    壁を越えて、ひとつに  ○…名刺を差し出し「姓の『駒』は駒ケ岳の駒です」と笑顔を見せた。出身...(続きを読む)

  • 求む「津波避難ビル」

    求む「津波避難ビル」

    湯河原の海抜20メートル圏内 町が3階建て以上の建物の所有者と交渉へ

     東日本大震災をうけ、湯河原町が今月14日、新たな津波対策を打ち出した。  町では新たに民間の施設を「津波避難ビル」とし...(続きを読む)

  • 城山ふれあいフェスティバル

    城山ふれあいフェスティバル

    4/29(金) 11〜14時 湯河原蔵町公園で

     社会福祉法人「城山学園」の児童や職員などによる城山ふれあいフェスティバルが29日に湯河原町蔵町公園(通称たこ公園)で開催される。時間は11時〜14時...(続きを読む)

  • 小涌園の「主役」囲む

    箱根のプチ画家49人

    小涌園の「主役」囲む

     箱根ホテル小涌園(山下信典支配人)で庭園の桜を囲んだ写生会が14日に開催され、箱根町立宮城野保育園と仙石原幼児学園の園児49人が庭園に画板を広げた。...(続きを読む)

  • アジまつり

    4/29

    アジまつり

     小田原魚市場で今月29日(金)「アジまつり」が開催される。午前9時開始。  アジや朝獲れ鮮魚の販売のほか、漁協女性部に...(続きを読む)

  • 夜の会

    4/30

    夜の会

     小田原、箱根に暮らす箱根細工職人、元芸者、映画監督、大学教授、医師、作家らが交流する「夜の会」100回記念講演会が4月30日(土)午後4時から小田原...(続きを読む)

  • 湯河原で初の議会報告会

    5/19・21

    湯河原で初の議会報告会

    誰でも参加可 議会事務局「ぜひ多くの方に」

     湯河原町議会(室伏重孝議長)が初の議会報告会を開くことを決めた。会場は5月19日(木)が文化福祉会館で午後7時から、21日(土)が役場第二庁舎で午後...(続きを読む)

  • 「復興の力たくわえて」

    旅館協同組合が陸前高田市民を招待 湯河原温泉

    「復興の力たくわえて」

     湯河原温泉旅館協同組合が16日、岩手県陸前高田市の避難所で暮らす30人を2泊3日で招待した。「旅館としてできる事を」と企画したもので、町内に住む陸前...(続きを読む)

  • 復興と感謝、願いこめ

    復興と感謝、願いこめ

    宮城野諏訪神社で例大祭

     箱根町宮城野の諏訪神社で今月15日に例大祭が行われた。今年は恒例の神輿渡御は行わず、神事を実施。太鼓や笛の音が厳かに響き渡るなか、40人ほどの参拝者...(続きを読む)

  • 震災避難者箱根に招く

    震災避難者箱根に招く

    19日・箱根町役場

     箱根町観光課が川崎市中原区の「とどろきアリーナ」に避難する人たちを日帰り温泉施設に招き、今月19日に町の送迎バスで7世帯17人(子供3人含む)が箱根...(続きを読む)

  • 3市町長が東電に要望書

    熱海・湯河原・箱根

    3市町長が東電に要望書

     湯河原の冨田幸宏町長、箱根の山口昇士町長、熱海の齋藤栄市長が14日、東電東京本店(千代田区)を訪問し、要望書を提出した。3人の首長は観光地の特性への...(続きを読む)

  • 天災補償つき墓石

    県内初!真鶴の岩本石材が導入

    天災補償つき墓石

     真鶴町の岩本石材店が神奈川県西エリアで初の「天災補償つき」墓石を扱い始めた。従来の墓石と異なり、 地震や台風といった天...(続きを読む)

  • 『忍者のような犬』話題に

    『忍者のような犬』話題に

    小田原市 『犬専科BOSTON』のトビオ

     鴨宮の『犬専科BOSTON』(小田原総合食品卸売市場内)で、忍者犬として人気を集める犬がいる。  話題の犬は生後6カ月...(続きを読む)

  • 猪には負けない!

    箱根ライオンズと恵明学園が早川に紫陽花植える

    猪には負けない!

     箱根ライオンズクラブ(太田秀明会長)と恵明学園(田崎吾郎園長)の児童ら51人が14日、宮城野の早川河川敷に紫陽花の苗30株を植えた。同クラブで平成7...(続きを読む)

  • 湯河原が昭和にタイムスリップレトロな「花嫁行列」計画中

    湯河原が昭和にタイムスリップレトロな「花嫁行列」計画中

    湯河原きもの華クラブが鍛冶屋でポスター撮影

     今月5日、湯河原町鍛冶屋の小道を和服姿の女性を乗せた馬が歩いた。このシーンは湯河原のきもの華クラブ(堀カメヨ代表)によるポスター撮影の一コマ。同クラ...(続きを読む)

  • 横浜VS巨人

    イースタン・リーグ

    横浜VS巨人

    4/30小田原球場

     プロ野球イースタン・リーグの公式戦、横浜ベイスターズ対読売ジャイアンツ戦が、小田原球場で開催される。4月30日(土)、午前11時30分開門予定、午後...(続きを読む)

  • 茂田綾子水墨画展

    茂田綾子水墨画展

     水墨画家・茂田綾子さんの3年ぶりとなる個展が5月4日(水)から9日(月)まで伊勢治書店3階のギャラリー新九郎で開催される。時間は午前10時から午後6...(続きを読む)

  • 「加トちゃん」

    新たな顔に 小田原競輪

    「加トちゃん」

     小田原競輪場が小田原けいりんイメージキャラクターにタレントの加藤茶さんを起用すると発表した。加藤さんをキャラクター化した『加トちゃん』を用いて今後P...(続きを読む)

  • 水産加工業の方 必見!!

    土地71坪

    水産加工業の方 必見!!

    湯河原町吉浜 倉庫・ガレージ付住居としても

     水産加工業の方や倉庫・趣味のガレージ付き住宅を探している方に物件情報!  真鶴駅から車で5分、湯河原町吉浜の中古物件(...(続きを読む)

  • 中学生以下は無料

    中学生以下は無料

    ワールド・ソウル・ミュージック&ダンス

     湯河原の吉祥院檜チャリティーコンサートホールで4月17日(日)にアメリカ・サンフランシスコから来日したアーティストによるコンサートが開かれる。北アメ...(続きを読む)

  • 下郡3町で義援金1986万円

    3月末

    下郡3町で義援金1986万円

     箱根湯河原真鶴の各町役場に寄せられた東関東大震災義援金の額は、3月末時点で湯河原町が621万円、箱根町が1259万円、真鶴町は106万円となった。3...(続きを読む)

  • 放射線「自分で測る」人も

    放射線「自分で測る」人も

    線量測定機はネット上で数万円

     福島第一原発や漏出する放射性物質について関心が高まる中「毎日自分で放射線をチェックしている」という箱根町在住の男性に出会った。放射線測定器は通販でも...(続きを読む)

  • 今年も開催

    湯かけまつり北條五代祭り

    今年も開催

     小田原市観光協会の理事会で毎年5月3日に開催される北條五代祭りが、今年も開催されることが決定した。今回は震災の復興支援をうたい、パレードは縮小、名称...(続きを読む)

  • ケンペルバーニー祭

    4/12

    ケンペルバーニー祭

     鎖国中の江戸時代(1691〜2年)に来日し、帰国後に「日本誌」などで箱根の美しさを世界に紹介したドイツ人ケンペルと、箱根に住み「この美しい自然をさら...(続きを読む)

  • 「現地の苦痛を和らげたかった」

    「現地の苦痛を和らげたかった」

    湯河原町消防が被災地で延べ24日間活動

     震災当日に出発派遣隊員に聞く 震災から延べ24日間にわたり救助活動を行った湯河原の消防援助隊員が31日に町役場前に集い、冨田幸宏町長に帰署報告を行っ...(続きを読む)

未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

最近よく読まれている記事

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク