箱根・湯河原・真鶴版

2013年2月の記事一覧

  • 夕暮れ境内、笙(しょう)響く

    五所神社で初午祭

    夕暮れ境内、笙(しょう)響く

     10日に湯河原・五所神社で五穀豊穣などを祈る初午祭が催され、40人ほどの聴衆が古式の舞に見入った。境内では国学院大・青葉雅楽会が「越殿楽(えてんらく...(続きを読む)

  • 「もう下りて来るなよ」

    「もう下りて来るなよ」

    花火でイノシシ追い払い

     湯河原の鍛冶屋地区で7日と8日に花火が次々に打ち上げられた。畑を荒らすイノシシや猿などを追い払う町の取り組みで、鳥獣対策協議会のメンバーが水道パイプ...(続きを読む)

  • 国道沿いの長城

    道路から見えない威容

    国道沿いの長城

     真鶴から小田原に向かう国道135号線の米神付近で、県が建設を進めている巨大な壁が威容を見せている。米神や根府川付近では平成2007年の台風9号の大波...(続きを読む)

  • いざ満開へ

    いざ満開へ

    「梅の宴」開幕

     幕山公園で梅の宴が開幕し、吹き出すように開花した梅が観光客の足を止めている。4千本の梅を擁する幕山は17日現在一分咲き。登山道を散策していた田名瀬美...(続きを読む)

  • 気仙沼からおかえり

    真鶴でTシャツアート展

    気仙沼からおかえり

     ケープ真鶴の一角で2月20日まで、手描きのTシャツアート50枚が海風に躍った。音符や笑顔、メッセージなど思い思いのデザインが連なった。作品群は昨年秋...(続きを読む)

  • 真鶴町、7回の仕分け会議行う

    真鶴町、7回の仕分け会議行う

    民間コンサルなど2名加え、昨年から実施

     今月下旬に、真鶴町の新年度予算案が発表される。町役場では12月から7回の行政政策会議を実施しており、その中で続けられていた事業仕分けが新予算案に反映...(続きを読む)

  • 真鶴町でイベント統合説明

    年3回ほどの「豊漁・豊作祭」へ

    真鶴町でイベント統合説明

     真鶴町で18日に「仮称・神々のまち豊漁・豊作祭実施部会」が開かれ、観光協会や石材、旅館など50を超える団体に対して、イベント統合に関する説明が行われ...(続きを読む)

  • 目の前で大噴火

    目の前で大噴火

    箱根中学校で実験

     溶岩と火山灰が幾重にも重なり、それが自分たちの身近にある美しい山々になった―箱根中学校の1年生が13日に、火山を「噴火」させる実験に取り組んだ。二子...(続きを読む)

  • 世界1周、いや2周

    これからの夢?〜もし歩けたら

    世界1周、いや2周

    100歳誕生日町長が祝状贈呈  湯河原町吉浜に住む石黒フミさんが2月18日に100歳の誕生日を迎え、冨田幸広町長が&r...(続きを読む)

  • 中国系観光客数、春節も低調

    箱根町

    中国系観光客数、春節も低調

    バス運転手「震災前の1割〜3割程度」

    「尖閣の一件から、ぱったり」  今月10日頃から春節シーズンに入り、箱根の湖畔などが中国人観光客で賑わいを...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

6月15日号

中学生、父親の命救う

犬蔵中土橋竜治君

中学生、父親の命救う 社会

6月9日号

黄金世代、最後の全国へ

ソフトテニス

黄金世代、最後の全国へ スポーツ

6月17日号

ゆずの苗木で20周年祝う

岡村公園

ゆずの苗木で20周年祝う 社会

6月15日号

定期航路便 実現に光

久里浜港

定期航路便 実現に光 経済

6月9日号

気合十分「行くしかねぇ」

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/