箱根・湯河原・真鶴版

2013年5月の記事一覧

  • 父 山田耕筰、箱根での横顔

    父 山田耕筰、箱根での横顔

    次女の日沙さん「きのくにや」で語る

     瀧廉太郎の「箱根八里」や「荒城の月」を編曲し伴奏をつけた山田耕筰(1886―1965)の次女、日沙さん(87)が4月11日、箱根・芦之湯の旅館「きの...(続きを読む)

  • 「ふわふわ」をもう一度

    羽毛布団のリフォーム

    「ふわふわ」をもう一度

    寝具の専門店『イノウエ』

     この冬羽毛布団がへたってしまった、暖かくなくなった、そろそろ寿命…?処分や買い替えを考える前にオススメしたいのが、創業141年の寝具の...(続きを読む)

  • 忌日にちなみ特別展

    忌日にちなみ特別展

    小田原・松永記念館

     小田原三茶人の一人でかつて「電力王」と呼ばれた松永安左ヱ衛門の収集品を展示・公開している小田原の松永記念館(板橋941の1)別館で現在、6月16日の...(続きを読む)

  • 当せん番号が決定

    当せん番号が決定

    さが信 懸賞金付定期預金

     さがみ信用金庫(片桐晃理事長)で5月17日、昨年販売した懸賞金付定期預金「当たるンです」の抽せん会が行われた。  「当...(続きを読む)

  • グランプリ監督に新作制作費を支援

    グランプリ監督に新作制作費を支援

    小田原映画祭

     小田原映画祭では現在、ショートフィルムコンテストの作品を募集中。20分以内の作品で2011年7月以降に完成したものならOK。グランプリに選ばれた監督...(続きを読む)

  • 浮世絵にお邪魔します

    浮世絵にお邪魔します

    河原秀生さんの「絵空事」展

     広重か北斎か、箱根の峠を描いた江戸時代の浮世絵…と思いきや、よく見ると駕籠の前には自転車が。現代人が飛び入りした浮世絵展が宮ノ下駅近く...(続きを読む)

  • 壁の中から100年前の新聞

    旧吉浜郵便局舎が改築・再生

    壁の中から100年前の新聞

     吉浜海岸沿いの古民家が今年になって改築され、4月中旬に不動産店舗に生まれ変わった。元々は吉浜郵便局だった建物で、熱海の古民家再生などを手掛ける(有)...(続きを読む)

  • うちの花園も見ごろ

    「さつきの郷」行く途中が美しい

    うちの花園も見ごろ

     これから見頃を迎える湯河原町の名所「さつきの郷」。花々は咲き始めで観光客もまばらだが、郷に向かう途中の住宅街(吉浜)では小さな花園が沿道のあちこちを...(続きを読む)

  • 湯河原育ち、県で上位独占

    高校柔道

    湯河原育ち、県で上位独占

    相洋高校の吉田さんと二見さん

     4月27日に県立武道館で行われた関東大会県予選個人の部で、湯河原出身の吉田大翔(ひろと)さん(相洋高校柔道部3年)が優勝、二見省吾さん(同・2年)が...(続きを読む)

  • 男が刻む涙のサラダ

    真鶴の老人会で「母の日」企画

    男が刻む涙のサラダ

     今月10日、真鶴の老人会「黒潮」と「山ゆり」の男性会員10人が、母の日にちなみ手作りカレーやサラダを女性会員らに振る舞った。会場となったのは岩海岸を...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

6月15日号

中学生、父親の命救う

犬蔵中土橋竜治君

中学生、父親の命救う 社会

6月9日号

黄金世代、最後の全国へ

ソフトテニス

黄金世代、最後の全国へ スポーツ

6月17日号

ゆずの苗木で20周年祝う

岡村公園

ゆずの苗木で20周年祝う 社会

6月15日号

定期航路便 実現に光

久里浜港

定期航路便 実現に光 経済

6月9日号

気合十分「行くしかねぇ」

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/