箱根・湯河原・真鶴版

2015年2月の記事一覧

  • 真鶴道路の渋滞問題について

    意見広告

    真鶴道路の渋滞問題について

    衆議院議員 神山洋介

     国会開会から1カ月が過ぎました。所属する国土交通委員会、経済産業委員会、災害対策特別委員会を中心に、地域の声を踏まえ未来を見据えた真摯な議論を展開してまいりま...(続きを読む)

  • 新崎川で腕くらべ

    新崎川で腕くらべ 社会

    2年ぶりマス釣り大会

     湯河原の新崎川でマス釣り大会が開かれ、親子連れなど100組が竿を握った。親子のふれあいを目的に、町青少年指導員会が企画したもので、開催は2年ぶり。ニジマス約1...(続きを読む)

  • 2ヵ月後は草原

    仙石原に春を呼ぶ炎

    2ヵ月後は草原 社会

     箱根湿生花園隣の植生復元区(約1万平方メートル)で13日、新たな草原を作るための火入れが行われた。 観光協会関係者がバーナで点火した枯...(続きを読む)

  • 英会話ヨシ

    国際観光地箱根

    英会話ヨシ 社会

    TOEICスコア 865 外国人観光客の多い箱根を巡るバスに、英語力を駆使しながらハンドルを握る人がいる。箱根登山バス宮城...(続きを読む)

  • コミュバス有料化で利用者減少

    真鶴町

    コミュバス有料化で利用者減少 経済

    実験は今月28日まで、3月2日から再び無料に

     真鶴町コミュニティバスの有料化実験が28日で終了し、3月2日からは再び無料に戻る。コミュニティバスはワンボックスカーで実験前は町職員がハンドルを握っていた。運...(続きを読む)

  • 処分場空っぽに

    湯河原

    処分場空っぽに 文化

    カドミウム基準超で撤去

     湯河原の星ヶ山公園さつきの郷近くにある最終処分場に、新たな埋設施設が造られる事になった。 処分場には湯河原・真鶴の2町のごみを焼却した...(続きを読む)

  • 深澤 貞博さん

    40周年を迎えた少年野球チーム・湯河原サンデーズの監督

    深澤 貞博さん

    湯河原町中央在住 55歳

    21人の父親がわり ○…40年間もの長い歴史のうち、後半20年間指導に携わってきた。我が子が野球を始めたのがきっかけだ。部...(続きを読む)

  • ケープ真鶴民間管理へ

    予算案に反映

    ケープ真鶴民間管理へ 経済

     真鶴の新年度予算案が23日に発表された。水道や介護保険などの会計を合わせた全体の予算は約60億円で、昨年比0.8%減。 このうちケープ...(続きを読む)

  • 伊豆箱根がハラール献立開発

    観光中の留学生からもリサーチ

    伊豆箱根がハラール献立開発 文化

     世界人口の4分の1を占めるとも言われるムスリム(イスラム教徒)の観光客を呼び込む試みが、箱根近隣でも始まっている。 芦ノ湖で遊覧船やレ...(続きを読む)

  • 県警、信号調節に苦心

    135号根府川合流部

    県警、信号調節に苦心 社会

    工事後に渋滞頻発 迫る観光繁忙期

     土日に大渋滞する国道135号線が、根府川合流部の整備と信号設置により平日にも渋滞するようになった。県警では3回にわたり国道側の青を延ばすなど緩和を図...(続きを読む)

  • エボラ患者を救って

    箱根町が救急車をギニアに寄贈

    エボラ患者を救って 文化

     箱根町がエボラ出血熱対策として救急車を西アフリカ・ギニア共和国に贈った。寄贈は(一・社)日本外交協会からの依頼を受けたもの。救急車は箱根町消防本部で予備として...(続きを読む)

  • 宮城野で泳げ子鯉200匹

    「宮城」つながりの東松島から搬入

    宮城野で泳げ子鯉200匹 文化

     箱根町宮城野の大文字橋で来月9日から11日まで、宮城県から運ばれたこいのぼり200匹が泳ぐ。 イベントを企画したのは地元の街おこしグル...(続きを読む)

  • 高橋延幸議員が辞職

    4月12日投票の県議選に向け

    高橋延幸議員が辞職 政治

     湯河原町議の高橋延幸議員が県議会議員選挙(4月3日告示・12日投票)に立候補するため、今月20日付で議員を辞職した。高橋氏は12年前ほど前に初当選し4期目だっ...(続きを読む)

  • 箱根定住語り合う

    町役場の有志と「はこじょ」

    箱根定住語り合う 文化

     箱根町職員による「定住化促進プロジェクトチーム」と「はこねのもり女子大学」が20日、箱根定住をテーマに意見交換会を開いた。 同チームは...(続きを読む)

  • 宮城野保育園新築

    宮城野保育園新築 政治

    箱根町が予算案に盛り込む

     箱根町は18日に新年度予算案を発表した。一般会計と特別会計を合わせ、全体の規模は昨年比5・8%増の152億270万円。 新規事業には、...(続きを読む)

  • 湯河原と豊島区文化交流都市に

    湯河原と豊島区文化交流都市に 文化

     湯河原町と東京都豊島区が21日に梅の宴会場で文化交流都市提携を結んだ。両地域の交流のきっかけは38年ほど前、豊島区の「ふくろ祭り」に芸妓連約100人が参加した...(続きを読む)

  • 御殿セットで公開

    御殿セットで公開 文化

    岩郷土資料館に70年前の雛

     真鶴町岩の郷土資料館に昭和初期のレトロな雛人形が展示された。神輿のような御殿に内裏雛が納まり、ミニチュアの火鉢など実物を縮小したような調度品に職人技が見て取れ...(続きを読む)

  • 御用米曲輪 最後の説明会

    御用米曲輪 最後の説明会

    3月7日 参加無料

     発掘調査が行われている小田原城址公園内、旧城内臨時駐車場の御用米曲輪(ごようまいくるわ)。本格的な発掘調査は今年度で終了し、最後の現地説明会が開催される。3月...(続きを読む)

  • 里海BASEでクラフトフェア

    3月14(土)・15(日)

    里海BASEでクラフトフェア 経済

     「まなづるクラフトフェア」が3月14日(土)、15日(日)10時〜3時に、真鶴港前の里海BASEで開催。流木アート、陶器やアクセサリーなど手作り品が並ぶ。...(続きを読む)

  • 天守閣耐震化 約10億円

    天守閣耐震化 約10億円 文化

     小田原市が新年度予算案を発表し、特別会計や企業会計を含む総額は、過去2番目の1531億400万円となった。小田原城隣に計画される「芸術文化創造センタ...(続きを読む)

  • 被災地に届け木のたまご

    被災地に届け木のたまご

    フレスポで支援イベント

     フレスポ小田原シティーモールで3月7日(土)、東日本大震災復興支援イベント「Action-4 知ろう、つながろう、語り継ごう」が開催される。南館B棟1階エント...(続きを読む)

  • 一流のおもてなし学ぶ

    一流のおもてなし学ぶ 文化

     箱根中の3年生が富士屋ホテルでテーブルマナーの手ほどきを受けた。箱根ロータリークラブの後援によるもので、開催は2度目。「カスケードルーム」を会場にテーブルが並...(続きを読む)

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    2月27日0:00更新

     「北斗星」が来月廃止されるとか。突然の別れに傷心の鉄ッチャンは私だけではないでしょう。かつて湯河原や真鶴にも美しい寝台列車が行き交っていました。もし私がJRの...(続きを読む)

  • 狂言の宴

    見頃の幕山で

    狂言の宴 文化

     見頃を迎えた幕山梅林で28日(土)午後2時から20周年記念事業『狂言の宴』が開催される。 演目『棒縛り』ほか1曲、出演は大藏千太郎さんほか。雨天の場合、3月...(続きを読む)

  • 災害時は電源に

    まなづる小に太陽光パネル

    災害時は電源に 教育

     まなづる小学校の体育館にこのほど太陽光パネル(15キロワット)が設置された。県から交付予定の補助金約2300万円で町が蓄電池やLED照明14基とともに導入した...(続きを読む)

  • 故中川画伯へケーキ

    ひ孫でパティシエの横山晃一さん

    故中川画伯へケーキ 文化

     真鶴の中川一政美術館で今月14日、地元ゆかりの画家・中川一政画伯(1893〜1991)を語る会が開かれ、宇賀一章町長や中川氏の知人、ファンなどが画伯を懐かしん...(続きを読む)

  • 見よ、科学の力を

    湯中生が地元っ子向けに劇上演

    見よ、科学の力を 教育

     湯河原中学校科学部の生徒人が14日に吉浜小でオリジナルの科学活劇を披露し、地元っ子約100人の熱視線を浴びた。 劇の随所に実験を盛り込...(続きを読む)

  • 團十郎さん衣装を展示

    外郎博物館で4月中旬まで

    團十郎さん衣装を展示 文化

     歌舞伎俳優の12代目市川團十郎さんの二年祭(三回忌)にあたり、小田原国道1号沿いの外郎(ういろう)博物館では舞台衣装を展示公開している。2代目市川團十郎により...(続きを読む)

  • 湯河原に狸姫デビュー

    湯河原に狸姫デビュー 文化

    「箱根にはエヴァがある、湯河原になければ作ればいい」

     湯河原駅近くの明店街からアニメのようなキャラクターが誕生した。その名も「シャッター街の狸姫」。湯河原温泉を見つけて体を癒したと伝わる狸の末裔で、完全...(続きを読む)

  • 青木 智子さん

    28日に「夢と起業の実現」をテーマに講演 青色申告会の真鶴支部長

    青木 智子さん

    真鶴町在住 72歳

    思い立ったら一途 〇…写真撮影で自然な笑顔を引き出すのは意外と難しいのだが、この人はシャッターを楽しむタイプで「何事も笑う...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク