箱根・湯河原・真鶴版

2016年3月の記事一覧

  • 出た!世界記録

    出た!世界記録 スポーツ

    小田原で「スマ投げ」

     スマートフォングッズなどを取り扱うHamee(ハミィ)(本社/小田原市)主催の「第1回 スマ投げ!」が3月19日、城山競技場で行われた。...(続きを読む)

  • 朗読で楽しむ文学

    朗読で楽しむ文学 文化

    26日・うめまる広場で

     声に出して文学を楽しむ「レッツ朗読フェスティバル@おだわら」が3月26日(土)、地下街ハルネ小田原のうめまる広場で開催される。午後2時から4時。...(続きを読む)

  • 寄付金付自販機に協力を

    寄付金付自販機に協力を 経済

    赤十字が呼びかけ

     日本赤十字社神奈川県支部では、飲料自販機売上の一部が赤十字に寄付される支援型自販機の設置を県内の企業・団体などに呼びかけている。寄付金額の割合は設置者が決める...(続きを読む)

  • 野性味あふれる「マシラ」

    野性味あふれる「マシラ」 文化

    菜の花展示室で個展

     日本画家の藤井勘介氏(※介は土へんに介)の個展が27日(日)まで、箱根湯本の箱根菜の花展示室で開催される。各日午前11時から午後5時半(23日は休館...(続きを読む)

  • 真鶴町に寄付太極拳連合会

    真鶴町に寄付太極拳連合会 スポーツ

     小田原太極拳同好連合会(永井康江会長)が真鶴町に10万円を寄付した。「まちづくり推進事業に役立てて」と永井会長。...(続きを読む)

  • 新人への期待鮮明に

    新人への期待鮮明に 政治

    投票率3.7ポイント減 出馬現職全員再選

    城東高生徒会長の頃から政治志す 27歳トップ当選 14議席をめぐる湯河原町議選が13日に行われ、3人の新人が上位当選し、出...(続きを読む)

  • 卜部 美穂子さん

    27日まで開催中の「真鶴まちなーれ」実行委員長を務める

    卜部 美穂子さん

    真鶴町在住 33歳

    港町に溶けこむ ○…酒屋の蔵や貴船祭りのお仮屋(殿)など、真鶴港を中心とした街のあちこちで個性的なアート作品に出会える「ま...(続きを読む)

  • 津波想定し、足で確かめる

    津波想定し、足で確かめる 社会

    陸自が真鶴と湯河原を行進

     陸自の第一高射特科大隊が、16日に湯河原と真鶴の約7Kmを行進した。同隊は災害時が起こった場合に2町の支援を担当する部隊で、普段は御殿場の駒門駐屯地に所属して...(続きを読む)

  • 仕掛けがいっぱい

    仕掛けがいっぱい 経済

    真鶴町がPR用の販売車導入

     真鶴町の魅力を詰め込んで、外にPRするための移動販売車が24日に登場した。宇賀一章町長が発案し、県の補助金を活用して中古車をリニューアルしたもので、名前は「真...(続きを読む)

  • 今年は桜木公園へ

    今年は桜木公園へ 文化

     湯河原ゆかりの土肥実平にちなんだ土肥祭・武者パレードが4月3日(日)に五所神社などで開催される。午前10時から境内で出陣の儀や焼亡の舞などの儀式。甲冑に身を包...(続きを読む)

  • 27日(日)なぶら市

    27日(日)なぶら市 経済

     真鶴港の岸壁広場で開催。惣菜やパン、手作りアクセサリーなどの店が並ぶ。真鶴まちなーれ「響け、マナヅル、港ライブ」も併催。11時から14時15分までジャズのバン...(続きを読む)

  • 27日あたみマルシェ

    27日あたみマルシェ 文化

     熱海銀座通り商店街などで10時〜午後4時。伊豆周辺の作家や農家を応援するためのクラフト&ファーマーズマーケット。会場に七輪が置かれ、買った食材をその場で焼いて...(続きを読む)

  • 授乳室付インフォ

    強羅駅近くにオープン

    授乳室付インフォ 経済

     強羅やまなみ荘の1階部分のシャッターが開き、今月31日から「i」や「?」マークを掲げたインフォメーションがオープンする。 強羅地区では...(続きを読む)

  • たんぽぽ1・5倍に

    「障がい者の社会参加増やしたい」

    たんぽぽ1・5倍に 社会

     旧湯中にある地域作業所「たんぽぽ」の隣に新しい平屋の建物が完成した。 たんぽぽはNPOで、建物内で障がい者が生活介護を受けたり、就労訓...(続きを読む)

  • 12人の能面展

    12人の能面展 文化

     小田原面乃会による能面展が3月30日(水)から、なりわい交流館(本町3の6の23)で開かれる。4月3日(日)まで。12人の作品37点が展示される。入場無料。午...(続きを読む)

  • 炎の波ススキ一掃

    仙石原の景観維持

    炎の波ススキ一掃 文化

     仙石原・台ケ岳の麓で23日に山焼きが行われ、波のような炎がススキを飲み込み、一面真っ黒に変えた。 草原の景観維持のため毎年行われており...(続きを読む)

  • 子どもと一緒にファミサポまつり

    子どもと一緒にファミサポまつり 社会

    26日(土)町民体育館

     湯河原のファミリーサポートセンターが交流会「ファミサポまつり」を町民体育館で開催する。ジャンボおはなし会や、わくわくコンサート、まと当てや輪投げ、ボウリングや...(続きを読む)

  • 真鶴独立観桜会

    27日(日)・旧岩小で

    真鶴独立観桜会 文化

     美術団体の真鶴独立が旧岩小で12時から開催。花見はもちろん作品群の展示、3畳分の画用紙に描くワークショップなど。出口さん【電話】0465・68・1445...(続きを読む)

  • 吹奏楽演奏会

    27日(日)・真鶴中2時〜

    吹奏楽演奏会 文化

     「ジブリソングス」「インザムード」「上を向いて歩こう」など。入場無料。...(続きを読む)

  • 皿の上にも難関

    箱根中、卒業前のマナー講座

    皿の上にも難関 教育

     卒業式を控えた箱根中学校の3年生62人が8日、富士屋ホテルでテーブルマナーを学んだ。箱根ロータリークラブ(野頼清会長)が卒業生の門出を祝って毎年後援している講...(続きを読む)

  • 箱根が現代版浮世絵に

    箱根が現代版浮世絵に 文化

    4月2日からナラヤカフェに展示

     神戸の画家・岡田豊一さんの作品展が4月2日(土)から30日まで箱根・宮ノ下駅前のナラヤカフェで開催される。10時半〜午後6時まで、水曜と第4木曜定休。明神ケ岳...(続きを読む)

  • 「モゴスさん速ぇ」

    「モゴスさん速ぇ」 スポーツ

    エリトリア選手と箱根っ子交流

     箱根の湯本小校庭に18日、エリトリアの陸上選手、モゴス・シュメイ選手(19)が訪れ、地元陸上クラブの練習に加わった。 同国はアフリカ北...(続きを読む)

  • 上品な姿にうっとり

    約200鉢の東洋蘭が湯河原に

    上品な姿にうっとり 文化

     39回湯の里ゆがわら東洋蘭展示大会(神奈川愛蘭会主催)が13日まで観光会館で開催され、日本春蘭や中国春蘭など約200鉢が気品ある姿を競った。全国組織に登録され...(続きを読む)

  • 沼津で奇祭

    沼津で奇祭 文化

    4月4日・内浦漁港など

     駿河湾の奇祭、大瀬まつり・内浦漁港祭が4月4日(月)、沼津の内浦漁港(JR沼津駅からバスで35分・三津下車)などで開催される。港では11時半から大瀬参り漁船団...(続きを読む)

  • 人口減少...水道も広域化検討へ

    湯河原・真鶴

    人口減少...水道も広域化検討へ 社会

    1日あたり「責任消費量」も減らす

     ごみ処理などで連携している真鶴町と湯河原町がこのほど、水道広域化を目指して協議書を締結する見込みとなった。2町では今後人口減少にともない水道使用量の...(続きを読む)

  • 春のシラス漁復活

    湯河原沖で孤軍奮闘

    春のシラス漁復活 経済

    「地元産を知ってほしい」

     県内のシラス漁が解禁となった今月11日、湯河原・吉浜海岸を望む沖合でも漁が始まった。福浦港を拠点にする三輪忠弘さん(43歳・運海丸)にとって、春の解禁を迎える...(続きを読む)

  • 泉中の6人が門出

    泉中の6人が門出 教育

    少人数で育った精鋭たち

     湯河原町の隣、千歳川を挟んだ熱海市泉の中学生6人が18日に卒業式を迎えた。泉地区は小中学校が併設され、卒業生たちは約9年間をこの地で過ごした。来月から熱海高校...(続きを読む)

  • しだれ桜の宴

    しだれ桜の宴 文化

    25日開幕

     真鶴駅近くの荒井城址公園で今月25日(金)から4月3日(日)まで「しだれ桜の宴」が開催される。会場は午後6時から9時までライトアップ(2日まで)。22本がライ...(続きを読む)

  • 黄色メトロに熱視線

    黄色メトロに熱視線 経済

    真鶴駅周辺に鉄道ファン

     真鶴駅周辺が12日、黄色い東京メトロの車両を撮る鉄道ファンで賑わった。新車や改造後の車両などを運ぶ「甲種輸送」だったらしい。駐車場で撮影していた男性は「目当て...(続きを読む)

  • 指定袋4月スタート

    湯河原と真鶴町 ごみ削減念頭に

    指定袋4月スタート 社会

     湯河原町と真鶴町が、4月1日から初の可燃用「指定ごみ袋」を導入する。町外からの持込みの防止や減量を目指したもので、45リットル1枚10円程度。町内のコンビニや...(続きを読む)

未病戦略エリアBIOTOPIA

2018年 春オープン予定の施設など

https://www.biotopia.jp/index.html

<PR>

最近よく読まれている記事

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク