海老名版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

市民ギャラリーで個展を開く現代書家 波田野(はたの)竹峰(ちくほう)さん 杉久保北在住 86歳

情の熱いサムライ

 ○…絵なのか文字なのかわからない現代書の書家。県知事賞や産経新聞賞など、数え切れないほど賞を受賞した。書歴60年の実力は、横断幕に始まり、海外からのオファーや墓石の字まで依頼が来るほどに。自らが感じたことや体験、経験をもとに書を通じて伝えていく。「ふと浮かぶ景色や想い。頭の中にあるイメージを最大限に膨らます。墨を作り、技術を持って、毛筆から紙へ描き出す。すべてが揃って、やっと作品になるんですよ」と熱く語る。

 ○…小学校の授業で書いた習字は、上手な作品だけが並ぶ廊下へ貼り出され、少し時間が経つと次は校内の掲示板に貼られているなど、当時から書の才は抜きん出ていた。戦争を経験した後に出会った書家の先生が人生の師。字の勉強はもちろん、古典や礼儀作法を学んだりと自分と向き合うことの指導を受けた。部屋にある大きな棚からファイルを引っ張り出して「これが先生に添削してもらったもの。添削中は後ろ姿を筆の毛先まで見える角度から、目を見開いて凝視してましたね」と当時の状況を細部まで再現してくれた。

 ○…背筋をまっすぐにし、ドンと構えて座布団に座る姿が印象的。自らの”命”というのは剣道。”じっちゃん”という愛称で心身ともに鍛え続け、子どもたちに指導する。何度倒されても、起き上がって立ち向かっていく姿は今でも変わらない。「子どもたちには真っ直ぐな人間になってもらいたいですね。はじめに教えた子どもたちは、もう50歳ぐらいになって皆立派になっているんですよ」

 ○…「”日本人なら大和魂を忘れず、負けてはならない”って祖母の教えが体に染み付いているんですよ」。何事にも熱心でへこたれることを知らない理由だ。そのせいもあってか、今でも同居の息子との喧嘩になる。「取っ組み合いもしょっちゅうだよ。まぁそれでも親子の絆は切ることはできないんだけどな」。その顔はどこか嬉しそうだ。
 

海老名版の人物風土記最新6件

安田 葉さん

上今泉のアトリエ「アルファ企画」解体前にイベントを企画・開催した

安田 葉さん

2月16日号

畠山 祐希さん

海老名市ジュニアリーダーズクラブの会長を務める

畠山 祐希さん

2月9日号

三谷 裕美子さん

設立15周年を迎える子育て支援団体「ポケット」の理事長を務める

三谷 裕美子さん

2月2日号

藤田 精子さん

今年50周年の「海老名市手をつなぐ育成会」で会長を務める

藤田 精子さん

1月26日号

吉部 由紀子さん

「えびな還暦のつどい実行委員会」の実行委員長を務めた

吉部 由紀子さん

1月19日号

原 亮さん

2018年海老名市成人式実行委員会の委員長を務めた

原 亮さん

1月12日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク