海老名版 掲載号:2013年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

「どんぐり源さん」の愛称でどんぐり料理を広める 平賀 国雄さん 上今泉在住 84歳

人生ころころ

 ○…江戸時代の発明家・平賀源内が由来の「どんぐり源さん」の愛称で、どんぐりを食用にし「森の楽校」をはじめ市内外の各種イベントで「どんぐり料理」を広めている。新しいことへの挑戦を忘れない性格からもピッタリの愛称で本人もお気に入りだ。

 ○…「人間はなぜこの世に生まれてきたんだろう。生きるってなんだろう」。驚くも幼少時代からそんな疑問を浮かべ、思い悩み、周囲の人に疑問をぶつけては相手を困らせていた。時間が経っても答えの見えない悩みを抱えた日々。解決策を得ようと宗教や政治、ときには山奥での仙人修行など、疑問に対する追求心が行動の原動力になった。1975年頃、公害が社会問題化し、大ベストセラーとなった有吉佐和子の「複合汚染」に影響を受け、「環境に役立つことがしたい」と仕事をやめ、無農薬野菜を作り始めた。しかし、行動しても行動しても頭の中にある、大きな疑問がスッキリすることはなかった。

 ○…「この出会いが私を変えた」。76歳のとき、どんぐりを研究している友人にその魅力をみせられ、関心を持つように。ミネラルも豊富で、ビタミンCはレモン以上。縄文時代には主食だったことを知ると、食品化に向け動き出した。どんぐりクッキーから、パン、麺、茶などチャレンジの日々が始まった。ふとした出会いから群馬県の製菓店とタイアップし、「どんぐりせんべい」が完成し商品化されたり、昨年には障がい者の就労支援を兼ねた「ドングリレストラン」へ携わるなど、どんぐりが新しい世界へ導いた。「80歳を過ぎてから奇跡が始まった。そう思いましたね」と興奮気味に語る。

 ○…「この歳にしてやっと悩みの答えが見えてきました」。答えに迫ると「言葉では言い表せないですが縄文時代の心を持つことですね」と続ける。夢は「どんぐり楽園村」を作ること。155cmの小柄な体だが、中身の世界は無限に広がっている。
 

海老名版の人物風土記最新6件

福川 敦さん

海老名市テニス協会で会長職を務める

福川 敦さん

7月27日号

鈴木 武幸さん

ビナウォークの所長を務める

鈴木 武幸さん

7月20日号

小林 裕輝さん

えびなデイサービス連絡会の会長に就任した

小林 裕輝さん

7月13日号

桜林 芙美さん

乳がん患者が集う「おしゃべり会」を主催する

桜林 芙美さん

7月6日号

杉崎 文男さん

「海老名・共助社会づくり推進の会」の会長を務める

杉崎 文男さん

6月29日号

上田 尚輝(なおあき)さん

「海老名で第九を歌おう会」の団長を務める

上田 尚輝(なおあき)さん

6月22日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク