海老名版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

チャリティーなどで岩手の民話を口演する 南舘 美達さん 国分南在住 68歳

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena

岩手の”まで”な人

 ○…岩手県のふるさとを忘れない。その思いから「訛り」を大切に故郷の昔話を語り継ぐ、民話の口演を行っている。ただ語るだけではない。相手の表情を見ながら、お互いに心を通える雰囲気を作るように心掛ける。面白く、ホッと温まり、なつかしい心地のする語りが観客から人気は上々だ。「各地で口演させて頂いて本当にありがたいことです。独り言ではなく、雰囲気を含め、聴いている人たちと一緒に民話を作れれば」

 ○…テレビもラジオもない、そんな幼少時代の楽しみが祖母の語る「民話」だった。演出や語り調によって十人十色。その面白さを独学ではなく、しっかりと学ぼうと民話の研究団体に入会した。本格的に活動を始めたのは東日本大震災がきっかけ。「映画のワンシーンを見ているのか、何なのかわからなかった」と自宅にいながらも困惑した。親戚、友人に連絡がついたのは約1カ月後。しばらくしてから現地へ駆けつけ、被災地の現況を五感すべてで感じた。故郷のためにできることをしようと決め、より語り部として練習に力を注いだ。「人のために役に立ちたい。伝統ある民話とともに被災地の現状を多くの人に伝えていきたい」

 ○…活動の体力を支えるのはマラソンにある。小学生の頃から走るのが好きで、中学、高校、大学、社会人、定年を迎えた今でも走り続けている。県内のみならず、全国各地で大会に出場するほど。「仲間たちと走れることで今でも青春を謳歌している状況です。走った後のビール一杯は至福ですね」。マラソン以外にもウォーキングや登山など他にも「青春の一杯」は待っている。

 ○…各所に足を運び、肌で感じたことにこだわる。「民話は『生もの』です。文字を読むものではないし、展示室に飾られるようなものではない。文化物と同じように言葉や民話のような故郷の伝承物を広め、人と人を結ぶ『つなぎびと』になりたい」とこの先の展望を熱く語る。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク