海老名版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

三世代の作品展「廻る季節の詩」を企画した 尾山 幸さん 大谷南在住 53歳

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena

いつも心に、はなまるを

 ○…「芸術はメッセージですね」。そう話す理由はおとなしい性格で寡黙だった幼少時代の出来事にある。自身の中に眠る自己主張を他人に上手く伝えられなかった気持ちや思いを、母から教わったモノを作ったり絵を描いたりしながら表現していた。その甲斐もあって得意科目は図工。手がける作品が認められるにつれて「やる気スイッチはON」状態に。そのことが転機となり美術の道を歩み始めた。

 ○…大学時代にさまざまなものに挑戦する上で自分の感性と合った「陶芸」に出会う。現在の自宅の工房には大きさ、形、色、一つひとつ全部違った作品たちが棚にズラリと置かれ、そこで陶芸教室を開いている。これまでにも障がい者や親子、子ども会に企業まで、多くの場面で指導を行ってきた。「ここまで長く続けて来られたのは陶芸を通して出会ってきた多くの方たちがいたから。昔は無口だったのにすっかり話好きになっちゃったし」と口を押さえて笑う。

 ○…自宅は園芸農家でスイートピーを育てている。養分や水がしっかりと伝わっているのか管理をしながら、そのときに合わせて適切な対処をとる。初春には花を咲かせ、種をとり、また育て…という作業を春夏秋冬と繰り返す。「植物も人と同じで、相手が何を考えているかを理解し、手を差し伸べる。無理に成長させるのではなく、植物にもそれぞれ主張があるのだから生かさないと」と真っ直ぐな目で持論を語る。

 ○…普段の指導でも一人ひとり違う作品が出来上がることを楽しみ個性を尊重する。「これが自分の子どもたちにも出来ればいいのに。親心が入ってしまうとね」と声を出して笑う。20年前はお腹の中にいた娘と芸術の道へ歩ませてくれた母と3人で展示会を開くことに「人の命はいつかは絶えるけれど、つながりは絶えず生きている。それぞれの作品を楽しんでもらえれば」と締めくくった。
 

海老名版の人物風土記最新6

三橋 正春さん

海老名保護区保護司会の会長を務める

三橋 正春さん

上今泉在住 71歳

12月6日号

木村 千恵子さん

令和元年度秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した

木村 千恵子さん

柏ケ谷在住 77歳

11月29日号

中村 惠さん

「海老名市めぐみ町MUSIC FES 2019」を主催する

中村 惠さん

69歳

11月22日号

伊左次 雄介さん

アジアコンバットレスリング選手権大会で優勝した

伊左次 雄介さん

国分北在住 28歳

11月15日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

55歳

11月8日号

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

演劇と音楽と格闘が融合した「魔界」で主要キャストを務める

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

東柏ケ谷出身 30歳

11月1日号

関 敏幸さん

神奈川県石油協同組合高座支部の支部長を務める

関 敏幸さん

国分寺台在住 57歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク