海老名版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

知的書評合戦「ビブリオバトル」を企画した 高原 和樹さん 中央在住 26歳

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

冒険心が人生を豊かにする

 ○…図書館に置く投書箱に1通の手紙を送った。「図書館ボランティアを作りたい」。館長は紙を手に取り、すぐに電話で「どんなことをしたいの?」と、この返事に「ビブリオバトルです」を応答した。おもしろい本が無いんじゃない、その本を知らないだけ―。「多くの人に本を読んでほしい」その一つの思いが26歳の青年を動かしている。

 ○…好きな本が見つかった時には仕事から帰宅した後、午後10時から朝方まで読んでしまう。そんな生活になったのはほんの数年前の話。学生時代は年に2冊しか読まないほど本を手にする事がなかった。社会人になり、ふとしたことから図書館のボランティア団体に入会し、本との触れ合いが彼の世界を広くさせた。「『人生は楽しい』ということを本が教えてくれた。教養や感性の向上など、あらゆる方面から心を豊かにしてくれる。自分が言うのはまだおこがましいことかも知れないけれど…」と謙遜するが、その眼には一点の曇りもない。

 ○…0から1へ。彼の人生テーマはここにある。他人の意見に左右されない、自分が思いついたことは人に伝えるという純真でまっすぐな性格が周りを惹きつける。中でも「新しいことを自分でやりたい」という思いは人一倍強く、企画を考えては提案をする。「自分を通じて、他人の人生が豊かになってもらえたらハッピーですよね」と目を輝かせる。

 ○…激化する情報社会の中では情報をインプットするだけでなく、その情報から思考を凝らさなくてはいけない。「なんとなく感じていることは、情報を鵜呑みにする人が多いこと」と苦言を呈する。改善策のひとつに自身を成長させることを位置づけ、「1日1人、知らない人と知り合いになる」というルールをつけ、カフェやバーに独りで入り隣に座った人に声を掛ける。「視野を広げるには色んな経験や体験を知るしかない。人との出会いは人生の財産です」

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

上高原 拓也さん

全国大会出場を決めた海老名中学校吹奏楽部の顧問を務める

上高原 拓也さん

海老名市国分南在勤 43歳

9月17日号

多賀 輝夫さん

目久尻川の川の中の清掃活動を自主的に行っている

多賀 輝夫さん

座間市栗原中央在住 79歳

9月10日号

二見 昌実さん

第61回湘南梨品評会で最高賞の優等を受賞した

二見 昌実さん

海老名市門沢橋在住 49歳

9月3日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

58歳

8月27日号

牧 篤矢さん

ビーチテニス日本代表として10月のワールドカップに出場する

牧 篤矢さん

綾瀬市深谷上在住 24歳

8月20日号

吉川 精一さん

大和税務署管内団体長会の会長を務める

吉川 精一さん

座間市入谷西在住 71歳

8月13日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook