海老名版 掲載号:2015年11月13日号 エリアトップへ

神奈川県介護賞を受賞した 谷岡 睦夫さん 上郷在住 55歳

掲載号:2015年11月13日号

  • LINE
  • hatena

地道に勤めた36年の軌跡

 ○…「ある日突然、連絡がきてびっくりした。実は、いまだによくわかってないんだよ」と、笑いながら感想を話す。県内の社会福祉施設等で直接支援業務に励み、顕著な功績をあげた人に贈られる賞。社会福祉法人聖音会が運営する知的障害がある高齢者の入所施設「さがみ野ホーム」に19歳で就職し、36年間粛々と勤め上げている実績が評価されてのことだろう。今は通所担当として、現場で汗を流している。

 ○…高知県四万十市出身。聖音会は福祉や保育の先駆者と言われる佐竹音次郎が郷里である同県で創設した法人で、近所に同様のホームがあったのが介護業界に入ったきっかけ。母や姉が携わっていた縁で、綾瀬で新たに開所する施設を紹介された。農業高校出身で看板屋や土建業と全く違う畑からの転身で、苦労もひとしおかと思いきや「昔、入所者とやった農作業や、施設の修理で役に立った」とあっけらかん。「入所者はみんな純粋な方が多くて、楽しく働いている。とてもやりがいのある仕事ですよ」と、目を輝かせる。

 ○…現在は夫人と大学生になる娘と暮らしている。綾瀬から海老名に居住地を移し、子育てのため戸建に。「交通の便もいいし、程よく田舎でとても過ごすやすい、いいところ」と”我が街”を語る。22年間続けていたソフトボールを48歳で引退以降、「今は趣味らしい趣味はない」と話すが、休日は家事に勤しむ「良き夫」の一面も。

 ○…36年の歳月で介護業界は大きく変わり、施設環境もスタッフの増員や24時間体制の交代勤務、入所者の高齢化、移転拡大など刻々と変化している。「3時代くらい、変わったんじゃないかと思う」と振り返る。これまでブレずに持ち続けてきたのは、「QOL(クオリティ オブ ライフ)」の実践。より良い生活環境を提供するために必要だと自負するコミュニケーション力や観察力、想像力をつけることを後進に指導し、人材の育成にも努めている。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

大岡 愛さん

個人輸入したマスクに応援メッセージ動画をつけて座間市に寄贈した

大岡 愛さん

座間市在住 タレント

5月29日号

峯尾 晃さん

第49回県施設野菜共進会で農林水産大臣賞を受賞した

峯尾 晃さん

綾瀬市上土棚南在住 66歳

5月15日号

荒井 政晴さん

海老名警察署の第16代署長に就任した

荒井 政晴さん

海老名市大谷在勤 58歳

4月17日号

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク