海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

県消防操法大会で最優秀賞を獲得した「第2分団」の分団長を務める 神森 正義さん 大谷南在住 29歳

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena

大会通し、ひとまわり成長

 ○…最優秀賞という最高の結果で終わり、「携わってくれた人に対して結果でしかお返しが出来ないと思っていたので、本当に良かった」と、安堵の表情を浮かべる。練習や激励会、打上げなどで、市を代表し、多くの人に支えられていたことを改めて感じ、分団長としての土台を作ってくれた前任者をはじめ、自治会やOBには、言葉で言い表せないほどの感謝の念を抱いている。

 ○…例年4月後半から練習を開始してきたが、今大会では4月頭から始動。「一歩一歩感謝を込めて走ろう」を自身のテーマに、訓練に取り組んだ。分団員の半数が会社員である中、仕事終わりの午後8時から11時まで、妥協する事なく地道な努力を続けた成果が結果につながった。「周囲の方たちには本当に迷惑を掛けたし、大変だったと思います。結果を出せなかったらどうしようという気持ちもありましたが、本番ではやってきたことに自信を持って取り組めたと思います」と心境を語る。

 ○…大谷中学と中央農業高出身。卒業後は都内でマッサージ業に従事したが、家業の農家を継ぐため、20歳のときに地元に戻ってきた。消防団入団はこの時で、祖父・父ともに同じ道を歩んでいたため「自分もやるものだと思っていた」と、勧誘を受け即決した。「分団としては約30年に一度しかまわってこない県大会に、2人とも出場しているんですよ。これも巡り合わせですかね」と神妙な表情を浮かべる。

 ○…取材に対して一つひとつ真剣に答えてくれる真面目な性格。夫人と子ども3人の5人暮らしで、大会前は仕事から帰ってきては訓練に出かけていたことから「家族には大変迷惑を掛けました。結果とは別のお返しをしなければ」と笑顔を見せる。自分の家族と地域を守る消防団員として、今大会は成長する大きなきっかけになったそう。「今後もまちのために、しっかりと活動してきたい」と話す。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

吉田 義人さん

座間市議会の議長に就任した

吉田 義人さん

座間市ひばりが丘在住 52歳

10月23日号

相原 京子さん

3市にウエットティッシュを寄贈した宅建協会県央東支部の支部長を務める

相原 京子さん

(株)アイ・エステート社長 65歳

10月16日号

高澤 真奈美さん

市民団体「座間子育て応援プロジェクト」の代表を務める

高澤 真奈美さん

ひばりが丘在住 54歳

10月9日号

落合 顕也さん

海老名市消防団第14分団に加入した

落合 顕也さん

海老名市上河内在住 18歳

10月2日号

佐藤 弥斗さん

座間市長選挙で初当選を果たし、10月1日付けで座間市長に就任する

佐藤 弥斗さん

座間市小松原在住 50歳

9月25日号

久保 美絵さん

海老名市内で初となるフリースクールを開設した

久保 美絵さん

海老名市上今泉在住 43歳

9月18日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク