海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2017年2月3日号 エリアトップへ

分煙技術アドバイザーとして活躍する 吉田 茂男さん 東柏ケ谷在住 74歳

掲載号:2017年2月3日号

  • LINE
  • hatena

信条は「誰かのために」

 ○…受動喫煙による健康被害を防ぐため、県は6年前に条例を施行した。これに伴い生まれた「分煙技術アドバイザー」は現在3人おり、その中の一人として活躍している。ホテルや飲食店、神社など申請があった県内の事業所を回り、建築や環境面などを考慮した分煙対策を助言してきた。「『吸う人も吸わない人も快適に』をモットーに取り組んでいます」と、話す姿に実直さが伺える。

 ○…現役時代は環境技術分野の設計技術者として従事。退職後に業界団体から推薦を受けたのがきっかけで、分煙技術アドバイザーになった。自身は50年にわたる愛煙家で、仕事の時はたばこから手が離せないほどだったという。「気分転換になるので、仕事の効率が上がるんですよね」というように、喫煙全てがダメということではなく、「あくまで喫煙者のマナーが大切」と強調する。

○…「私は異色なタイプかも知れません」と語るのは、仕事をしながらボランティア活動に取り組んでいた経験から。会社員当時、バブルがはじけ、企業ではリストラが盛んに行われ自殺者が多発していたことを憂いていた時代。県の広報紙で「いのちの電話相談員」の募集を見つけ応募した。様々な悩みを抱える人の相談活動と仕事の2足のわらじをはき、13年間を過ごした。「苦しんでいる人が目の前にいるのは辛い。戦後間もない貧しい時代を経験したのが根本にあるのかな」と思いを語る。

 ○…東柏ケ谷で生まれ育つも、定年を迎えるまで地域とのつながりは全くなかった。退職後、自治会長から民生児童委員、祭りの役員などを歴任。「昔の先輩や仲間とつながれるのは楽しい」と、地域活動にも積極的だ。現在は地域に伝わる”かっぽれ踊り”の復活に注力する。「様々な活動が地域の絆を深めるものになる。微力ながら協力していきたい」と、取材を終えた足で踊りを披露する高齢者施設へ向かった。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

村上 佳織さん

「要約筆記サークルあやせ」の代表を務めている

村上 佳織さん

綾瀬市上土棚南在住 38歳

2月12日号

山下 法章さん

海老名総合病院に無償で手作り弁当を届けている

山下 法章さん

海老名市東柏ケ谷在勤 49歳

2月5日号

高橋 操さん(ペンネーム:はし みさお)

絵本「ばあばとおさんぽ」を出版した

高橋 操さん(ペンネーム:はし みさお)

海老名市国分北在住 71歳

1月22日号

山田 ヨシ子さん

座間市民生委員を9期27年務め、厚生労働大臣表彰を受けた

山田 ヨシ子さん

座間市入谷東在住 75歳

1月15日号

森岡 郁夫さん

10年にわたり海老名市書道協会の会長を務めている

森岡 郁夫さん

海老名市杉久保在住 89歳

1月8日号

マニング モンタネさん

米海軍厚木航空施設司令官に就任した

マニング モンタネさん

12月18日号

24時間、安心のホットライン

大和、海老名、座間、綾瀬。県央のお葬式、お仏壇、樹木葬も。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シニアライフいきいき応援窓口

外に出て何かしたい。仕事、趣味なんでもまず相談 090-2315‐5361

https://webc.sjc.ne.jp/zama/index

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月13日11:51更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク