海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

応募総数2,443点の「第74回書道芸術院展」で俊英賞を受賞した 高山 裕子さん 海老名市中央在住 49歳

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena

細く長く書と付き合う

 ○…全国から作品が集まる日本書道院展。今年で7回目の参加だった。これまでは一般公募・無鑑査と呼ばれる階級での出品だったが、実績が認められ今年からは審査会員候補に昇級した。得意とするのは『かな』で、今回は敬愛する与謝野晶子の句集から12首を選び縦61センチ×幅182センチの大作を書き上げた。「準備から完成まで半年かかった。受賞を知った時は驚いた」と話した。

 ○…書道をはじめたのは小学3年生のとき。習字の稽古で地域の教室に3年間通ったが、中学に進学すると部活が始まり筆を持つ機会は減った。書道との再会は大学生のときで、国語と書道の教員免許を取得するための必須科目としてだった。「ピアノやそろばんの教室にも通ったけれど、今思えば、いちばん続いたのは書道だった」と振り返る。

 ○…「転勤族」の夫と結婚し、26歳まで生まれ育った厚木市を離れ、埼玉に移り住んだ。「もう神奈川に戻ることはないと思っていた」が、10年前に夫の転勤が決まり、交通の便がいい海老名に越してきた。子育てや仕事で書道とは20年ほど無縁だったが、大学の書道を専攻していた人との集まりで当時の恩師に再開したことで再び書道を始めた。「私がかなを得意にしていたのを覚えてくれていて、聴講生として大学の授業に参加させてくれた。それがいまの書道に繋がった」

 ○…現在は、恩師の導きで出会った先生に指導を仰ぎ、書道の研さんを積んでいる。ただ、この先生が遠方にいるため稽古は月2回。それでも「少ない時間で上達したい」と、休日の土日を稽古に充てている。「ひとりだと時間がかかり上達がわかりにくいけど、細く長く、ずっと書道を続けていきたい」という。

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

堀内 愛華さん

難病と闘う自叙伝が出版された

堀内 愛華さん

海老名市杉久保北在住 22歳

4月16日号

池田 徳晴さん

公益財団法人座間市スポーツ・文化振興財団の理事長を務める

池田 徳晴さん

座間市広野台在住 72歳

4月9日号

宮本 正浩さん

宮本内科小児科の院長で、3月をもって引退する

宮本 正浩さん

座間市入谷西在住 79歳

3月26日号

池田 陽子さん

座間市「アウトリーチ支援」の専門相談員を務める

池田 陽子さん

座間市小松原在勤 67歳

3月19日号

棚原 忍さん

名門クラブのサッカーコーチをしながら、海老名のバーに勤務する

棚原 忍さん

綾瀬市小園在住 35歳

3月12日号

小林 覚さん

ナラ枯れ対策に取り組む市民団体「座間安全・安心推進会」の会長を務める

小林 覚さん

座間市入谷西在住 73歳

3月5日号

全国展開だから安心査定

ただいま査定額1.4倍!実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter