神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

鉄道模型走行施設「ソウリュウライン16」をオープンした 守屋 朋龍(ほうた)さん 座間市緑ケ丘在住 21歳

公開:2022年1月21日

  • X
  • LINE
  • hatena

情熱燃やし夢へ走る

 ○…師匠も教科書もなく、全て独学で鉄道模型走行施設を完成させた21歳は、取材が始まるや否や施設の特徴や鉄道への思いを目を輝かせて熱く語り続けた。製作中の心を励ました曲としてスマホから流れてきたのはボニージャックスが歌う「鉄道唱歌」。《祝へ人々鉄道の 開けし時に会える身を―》。開業を記念し「ソウリュウライン16」オリジナルの鉄道唱歌の作詩まで行った。

 ○…コロナ禍は、地元で50年以上続きアニメの舞台にもなった中華料理店を容赦なく襲った。「祖父の代から続いてきた店を何とか守っていきたい」。かつては活気と笑顔であふれた宴会場を大胆に変革したいと、構想を固めた上で父に提案をした。細部までこだわりつくし、総工費は「高級車一台分以上」になったが「やるからには日本一を目指す。その夢を叶えられるものができた」と笑顔がはじける。

 ○…物心ついたときから一貫して電車が好き。とくに店の近くを走行する小田急線への愛は強く、今回の設計にもその要素が随所に詰め込まれている。東海大相模高校時代は医者を志していたが、医学部には惜しくも手が届かず現在は東海大で心理学を学ぶ。「コロナがなかったら、そして医学部に進んでいたら、宴会場を改造することも、時間の余裕もなかった。そう思うと人生は面白いですね」

 ○…将来は3代目として店を継ぐと決めている。コロナ禍で「駅長」の活動のかたわら、「大将」に向けての修行として厨房にも立ち始めた。夢は美味しい中華料理が食べられて、日本一の走行施設もある店。「座間をもっと盛り上げていきたい。施設もさらにバージョンアップしていく。子どもたちの交通教育にも役立てられたら」。夢はどこまでも続く。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

今村 一歩さん

日本代表としてエアロビック世界大会に出場する

今村 一歩さん

座間市相模が丘在住 21歳

5月24日

二ノ宮 要子さん

パネル展を開催している綾瀬市民生委員児童委員協議会の会長を務める

二ノ宮 要子さん

綾瀬市寺尾中在住 76歳

5月17日

今中 隆洋さん

海老名警察署長に就任した

今中 隆洋さん

海老名市大谷在勤 58歳

5月10日

伊藤 健三さん

緑化フェスティバルを主催する「えびなの森の楽校」で理事長を務める

伊藤 健三さん

海老名市大谷北在住 84歳

5月3日

佐々木 進さん

3月19日付で座間警察署長に就任した

佐々木 進さん

座間市入谷西在勤 55歳

4月26日

吉久 治朗さん

ロマンスカーミュージアムの館長に4月1日付で就任した

吉久 治朗さん

海老名市めぐみ町在勤 58歳

4月19日

さがみ愛子園・ふたば愛子園

6月から未就園児親子プログラム開催!ECCの授業が無料で受講できます

https://rarea.events/event/153611

さがみ愛子園・ふたば愛子園

6月から未就園児親子プログラム開催!ECCの授業が無料で受講できます

https://rarea.events/event/153611

記念硬貨・金貨・銀貨高価買取中!

海外ブランド品、腕時計など、まとめてお見積りOK!

https://r-hibarigaoka-otakaraya.net/items/coin.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook