麻生区版 掲載号:2017年1月6日号

新成人

区内1,772人が門出 社会

人気ロックバンドも祝福

会議する実行委員のメンバー
会議する実行委員のメンバー

 市内の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」(主催/川崎市・市教育委員会・市選挙管理委員会)が1月9日(祝・成人の日)、とどろきアリーナ(中原区等々力1の3)で開かれる。麻生区は午後の部で1時から受付、1時30分から式典が始まる。

実行委員が多彩な企画

 今年の対象となるのは、1996年4月2日から97年4月1日生まれの市内住民登録者。川崎市の新成人は1万3641人(昨年11月30日現在)で、麻生区では前回の1796人より24人少ない1772人が門出を迎える。

 式典の内容は、恒例となっている新成人へのお祝いビデオメッセージやスペシャルゲストによるライブなど、さまざまな企画を用意。川崎市は「これから責任ある成人として自分自身に誇りと信念を持ち、未来に向かって歩んでほしい」としている。

 今回の成人式は、一般公募と青少年団体の推薦で選ばれた20歳前後のメンバー12人から成る実行委員会が企画。ゲストにはオリコンで史上初となるインディーズ、メジャー両時代での総合首位を獲得した人気ロックバンド「Aqua Timez」を呼んだ。当日は、メッセージ性のある歌詞と、感情に訴える心地よく、力強い演奏で新成人を祝福する。

 また、「例年以上に多くの人に参加してほしい」という思いから、初となる約15秒のCM動画も作成した。実行委員の友人で今年二十歳を迎える男女が成人式への参加を呼び掛けるもので、武蔵溝ノ口駅前ノクティの大型ビジョンで前日1月8日(日)まで放送を予定している。

 実行委員会は「素敵な思い出になると嬉しい。新たな人生の幕開けを楽しんで」と話した。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

市大会制し 県大会へ

みどり少年野球クラブ

市大会制し 県大会へ

5月19日号

待機児童「ゼロ」に

川崎市

待機児童「ゼロ」に

5月19日号

10年迎えた市民活動拠点

交流館やまゆり

10年迎えた市民活動拠点

5月12日号

「市民救命士」講習が有料化

川崎市消防局

「市民救命士」講習が有料化

5月12日号

市、防災啓発強化へ

熊本地震1年

市、防災啓発強化へ

5月5日号

稲城市へアクセス向上

栗木線区境開通

稲城市へアクセス向上

5月5日号

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門医の医療講座

専門医の医療講座

横浜総合病院が無料開催

5月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第101回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(1)〜士農分離 前編

    5月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/