麻生区版 掲載号:2017年3月17日号

(PR)

新百合ヶ丘南歯科

本格治療前の初期治療の重要性

衛生士もマイクロスコープ使用

衛生士がマイクロスコープを使い、ブラッシングの説明やクリーニングなどを行う
衛生士がマイクロスコープを使い、ブラッシングの説明やクリーニングなどを行う
 新百合ヶ丘駅徒歩3分の 「新百合ヶ丘南歯科」は口の中全体の環境を整え、長期維持させる根本的な治療を念頭に診療を行っている。

 同院の高山祐輔院長(日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医)は「本格的な治療に入る前に、お口の中の環境を整えることで、治療後の虫歯や歯周病の再発のリスクを下げることができます。そのため、本格治療前のより確実で精密な初期治療が重要なため、歯科衛生士もマイクロスコープを使用しております」と話す。同院では、衛生士が初期治療の最初に虫歯や歯周病のメカニズムの解説を行い、画像や動画を記録できるマイクロスコープを使用してブラッシングの説明や歯石除去を毎回1時間かけ実施。「医院との協力体制で患者様が自ら考えて予防、セルフケアできる事をめざしています」

新百合ヶ丘南歯科

川崎市麻生区上麻生1-3-5ドレイク202

TEL:044-322-8037

http://www.sym-dc.jp

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

新百合に小田急の高齢者向け住宅

レオーダ新百合ヶ丘で食事付き内覧会9/13、29開催

http://www.odakyu-reoda.jp/sinnyuri/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様な芸術の魅力を学ぶ

多様な芸術の魅力を学ぶ

アルテリッカ10周年の講座

10月7日~1月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第109回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(5)〜増上寺領王禅寺

    9月22日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク