麻生区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

人権啓発NPO団体中学生に「自分の大切さ」伝える川崎中1殺害事件を機に

社会

臨港中でプログラムを行うメンバー
臨港中でプログラムを行うメンバー

 多摩川河川敷で中学1年生の男子生徒が殺害された事件から2年。事件発生を受けて昨年から「中学生暴力防止プログラム」を市内で実施している認定NPO法人エンパワメントかながわ(横浜市)の浜谷典子さんに話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 プログラムを実施したのは西生田中と金程中、多摩区の枡形中、川崎区の臨港中の4校。

 プログラムはスタッフが寸劇を行いながら「いじめを目撃したらどうする?」など、参加者の意見を聞いていく。特に重点を置いて伝えたのは、ピアプレッシャー(仲間同士の抑圧)によりいじめの傍観者になってしまうこと。「見て見ぬふりも暴力と同じ。いじめを受けている子の話をただ聞くだけ、先生への相談に付き添うだけでいい。ピアサポート(仲間内支援)に回ることが大切」と浜谷さんは伝える。生徒からは「いじめられている子の助け方が知れて嬉しかった」などの感想が聞かれた。

 生徒からは人権について考える意見も目立った。事件の加害者について「罪はだめだけれど、加害者の人権も尊重しなければならない」という生徒の意見も。浜谷さんは「大人への不信感や将来の不安など抱えているものを理解し、向き合い、『あなたは大切な人』と伝えていきたい」という。

 同団体はプログラムを実施する活動資金を募っている。(問)同団体【電話】045・323・1818
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

「それでも描きたい」

市民ミュージアム

「それでも描きたい」

11月17日号

今年も冬の煌めき始まる

障害者輝くアートの世界へ

宝石イルミでスケート

一日消防署長務め「教訓に」

川崎F 中村憲剛選手

一日消防署長務め「教訓に」

11月17日号

秋の叙勲・褒章 区内にも

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康フェスタで多世代交流

健康フェスタで多世代交流

11月26日 あいクリニック平尾

11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク