麻生区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市歩道橋

対象増で2社が命名契約 社会

今月から標示を開始

現在募集している若葉台ハナミズキ線歩道橋(麻生区)
現在募集している若葉台ハナミズキ線歩道橋(麻生区)

 川崎市が昨年4月から募集していた市内の横断歩道橋(連絡通路)のネーミングライツ(命名権)パートナーに2社が決まり、今月1日から標示が始まった。

 ネーミングライツは、公共施設に法人名や商品ブランド名などの愛称を付けることができる権利。この売買により行政は長期的な財源の確保ができ、一方のスポンサーは名前の露出による宣伝効果などが得られるとして、近年特にスポーツ競技場などで多く採用され、対象施設も増えている。

 川崎市は、道路施設の維持管理等の財源確保を目的に昨年から横断歩道橋の同権利を販売。当初は川崎区内1カ所・中原区内2カ所について、1橋あたり年額30万円以上、標示期間2年以上を基本条件として、同年4月1日から契約法人を募ったが、募集期間の5月末までに1社の申込みもなかった。

 これについて市は「3カ所の場所的なものと契約料のバランスが企業側にとって魅力あるものではなかったのでは」と推測。その後契約条件の変更はせず、対象の歩道橋を増やし、募集を随時にしたところ、今回の契約に至った。

 決まったのは、幸区の下平間歩道橋と高津区の高津小学校前歩道橋で、前者は医療法人光耀会菊地眼科クリニックが、後者は(株)ストーンズがパートナーとなり、いずれも今月1日から標示開始。菊地眼科クリニックは10年間、ストーンズは2年間の契約。いずれも契約金額は年額30万円という。

 契約した(株)ストーンズの細山勝紀社長は「自社が展開するエリアの中心部にあるため、認知度を上げるのに最適と思ったことと、市の初の取組なので協力したいという気持ちもあり申し込んだ」と話す。

 市は現在も7区で20カ所以上の募集をしており、今後も対象を拡充していくとしている。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

自身の体験 ガイドで伝える

福祉施設バスツアー

自身の体験 ガイドで伝える

10月13日号

将棋とダンス 子ども教室

軽減税率を学ぶ説明会

里山・ハーブ堪能ツアー

参加者募集

里山・ハーブ堪能ツアー

10月13日号

ふるさと公園で防災訓練

実りへの感謝込め

実りへの感謝込め

10月13日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク