麻生区版 掲載号:2017年4月21日号

民間ドローン 有事に活用 社会

麻生警察と(株)三矢研究所が協定

握手する古澤社長(右)と田中署長(左)
握手する古澤社長(右)と田中署長(左)

 電子機器の製造を行う(株)三矢研究所(古澤利夫代表取締役社長、麻生区上麻生)と麻生警察署(田中正博署長)が、災害発生時に同社のドローンを活用することを柱とした支援協定を締結した。

◇ ◇ ◇ ◇

 ドローンの活用について、警察は有効性を認めているが、操作技術や費用などの面から各署での配置の例は数少ない。同署では災害時の民間ドローン活用を検討し、三矢研究所との支援協定締結に至った。ドローン活用に関する警察と民間企業の協定は川崎市内では初、県内では昨年8月の瀬谷署に続き2番目となる。「区内は傾斜地も多く、大地震や台風などの自然災害で交通網が分断された際の捜索活動などで活用していきたい。麻生区でも企業の理解が頂けたことは嬉しい」と同署では話している。

 13日に署内で行われた締結式にはドローンを持参した古澤社長と田中署長らが出席。古澤社長は「私たちはセキュリティ関係の電子機器を製造してきたが、動く警備機械を作ろうと考え、その一端がドローン製造。災害などにいち早く対応できるので、麻生区のために全面的に協力していきたい」と話した。

 今後、有事の際に依頼を受けた場合、同社はドローンと操縦者を提供し、署員立会いの下、警察活動に協力していく。
 

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

麻生区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まち歩きで地元店の魅力PR

まち歩きで地元店の魅力PR

親子向け企画 30日に

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第99回 シリーズ「麻生の歴史を探る」沢山城と七面山 前編

    4月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/