麻生区版 掲載号:2017年5月5日号

栗木線区境開通

稲城市へアクセス向上 社会

「相互交流で地域活性へ」

栗平駅周辺から若葉台方面へ向かいやすくなった
栗平駅周辺から若葉台方面へ向かいやすくなった

 区内栗平周辺と稲城市の新興住宅地を結ぶ道路が4月25日に開通した。稲城市方面へアクセス手段が増えることでの利便性向上や、麻生区と稲城市の一体的なまちづくりの推進など相乗効果も期待されている。

 新たに開通したのは都市計画道路栗木線の稲城市との境区。開通区間は麻生区栗木2丁目10番地先及び栗木台5丁目3番地先。栗平駅周辺の住宅地から、稲城市で実施されている稲城上平尾土地区画整理事業のエリアを結ぶ道路となる。

 道路整備は土地区画整理事業の進捗に合わせ、2015年3月から今年3月までの工期で進められていた。道の開通によって栗木方面から若葉台へのアクセス向上、稲城市方面からは栗平駅に向かう生活道路としての役割が期待される。川崎市道路河川整備部は「新百合ヶ丘方面へ向かう平尾中央通りなどの交通量が分散されるほか、整理事業全体では両市の一体的なまちづくりによる効果も期待できる」としている。

両市関係者による式典も

 25日には現地で交通開放式典が開催され、北沢仁美麻生区長や高橋勝浩稲城市長、土地区画整理組合関係者ら50人以上が出席。テープカットや道路管理車両先導による一般開放行事が行われた。北沢区長は挨拶で「稲城市や稲城上平尾土地区画整理組合の方々の尽力で今回の開通に至った。利便性が向上されることで文化交流など地域の活性化にもつなげていきたい。稲城の方々に麻生区のイベントなどに足を運んでもらえたら」と語っていた。
 

開通式でテープカットも行われた
開通式でテープカットも行われた

関連記事powered by weblio


麻生区版のトップニュース最新6件

就労支援に居場所づくり

子どもの貧困シンポ

就労支援に居場所づくり

7月21日号

地元野菜で地域愛を育む

「母なる川」魅力伝え15年

多摩川エコミュージアム

「母なる川」魅力伝え15年

7月14日号

星空の魅力 気軽に誰でも

授産学園天体観測室

星空の魅力 気軽に誰でも

7月14日号

川崎 激戦東地区に

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に

7月7日号

ヘイトとの闘い 本に

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ボラ学ぶ夏の公開講座

ボラ学ぶ夏の公開講座

田園調布学園大学で

8月11日~8月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/