麻生区版 掲載号:2017年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

PC作りで新年度開講 教育

川崎北部少年少女発明クラブ

ハンダ付け作業に悪戦苦闘の様子も
ハンダ付け作業に悪戦苦闘の様子も
 子どもたちにもの作りへの興味を持ってもらおうと活動している川崎北部少年少女発明クラブが新年度の活動をスタートさせた。

 同クラブは麻生区をはじめ、多摩区と宮前区、高津区の小学3年生から中学生を対象に、科学教室などの開催を通じて発明する力やチャレンジ精神を育成していこうと2012年に発足した団体。

 今年度は4月末に昭和音楽大学北校舎で開講式を行い、新年度の生徒とその保護者、県発明協会や行政、サポート企業関係者など約80人が出席した。当日午後からは第1回目の講座として専用キットを使った小さなパソコン作りを行った。

 パソコン制作に取りかかる前にハンダ付けの練習から始まった初回講座。生徒と保護者、どちらもハンダ付け経験がない親子が悪戦苦闘する姿も見られた。その後、生徒らはLEDの点滅や簡単なゲームをプログラミングで動かすなど、出来上がったパソコンを動かして楽しんでいた。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク