麻生区版 掲載号:2017年6月9日号

平和の折鶴 広島、長崎へ 文化

今年で10回目の取り組み

参加者も徐々に増えてきた交流会(写真は昨年)
参加者も徐々に増えてきた交流会(写真は昨年)
 核兵器廃絶と世界の平和に向けて活動する川崎市折鶴の会が6月12日(月)と13日(火)、多摩区総合庁舎1階アトリウムで「市民との折鶴交流会」を実施する。時間は午前10時から午後4時までで、自由に来場して折鶴を作ることが出来る。

 市民と共に核兵器のない世界を願って制作した折鶴を毎年夏に広島と長崎へ届けているこの取り組み。市内在住の原爆被爆者団体でもある同会が主催し、今年で10回目を迎える。

 始めた当初は呼びかけに応じる人も少なかったというが、徐々に参加者が増え始め、これまでに約6万羽の折鶴を現地に届けている。同会の森政忠雄会長=区内上麻生在住=は「この会を知って頂き、最近ではマンションの住人同士や老人会などで作った折鶴を持ち込んでいただくことも増えた。核の廃絶と追悼の思いで今後も折って貰えたら。作り方が分からない人も会のメンバーがお手伝いするので気軽に参加してほしい」と話している。集まった折鶴は今年も8月に広島と長崎に献納する。

 交流会に関する問い合わせは森政さん(【電話】044・966・7645)へ。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新電力企業を知る催し

新電力企業を知る催し

麻生区役所で7月1日

7月1日~7月1日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第104回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 後編

    6月23日号

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第103回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(2)〜幕府の知行 前編

    6月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/