麻生区版 掲載号:2017年7月14日号

今月1日、2017-2018年度川崎麻生ロータリークラブ会長に就任した

森 茂則さん

百合ヶ丘カントリー倶楽部 代表取締役 59歳

互いに尊重しクラブ増強へ

 ○…「一人ひとり考え方は違ってもいい、自分の生きがいを見つけられれば」。2003年に川崎麻生ロータリークラブに入会以来、新百合ヶ丘周辺の清掃活動に取り組んできたが、昨年万福寺檜山公園で清掃をしていたところ、遊んでいた保育園児から「ごみ拾い、ありがとう」と言われ、「感動した。ボランティアをやっていてよかった」と心の底から思ったという。自分の生きがいを見つけ、「特にこの公園は茂みの中まで入って、ガサガサとゴミを拾っています」と微笑む。

 ○…区内王禅寺で生まれ育ち、柿生中時代は柔道の市大会で何度も優勝した。その体格をいかし、高校、大学とゴルフを続け、大学卒業後も、日中は百合ヶ丘カントリー倶楽部で経理を務めながら、夜はゴルフの練習という生活を3年間続けた。26歳の時、「日本代表になろう」と思い、最終テストに合格し、プロゴルファーに。努力を重ね、35歳の時初優勝を果たした。「パットを入れた瞬間、頭の中が真っ白になった」と当時を振り返る。今でいうナショナルチームのメンバーでもあり、国際大会にも出場した。

 ○…40歳でプロを引退してからは、百合ヶ丘カントリー倶楽部の経営者として、プロゴルファーの経験をふんだんにいかしながら、趣向を凝らした倶楽部づくりに奔走した。半日楽しめる練習場をめざし、他のクラブの現場のニーズやバランスを見てまわり、「汗をかいて、お客さんのニーズに応えていく」と、手作りのバンカーやグリーンを手掛けた。

 ○…麻生ロータリークラブの会員を現在の31人から35〜40人への増強をめざす。そのためには「若い人たちにもどんどん入ってもらいたい。若い人も含め、互いを尊重することが大切」と話す。世代を越え、スマホ研究会や例会で体操などを取り入れることも考える。年齢などによる隔たりを緩和し、クラブの基礎を強化していく。

関連記事powered by weblio


麻生区版の人物風土記最新6件

中村 和広さん

川崎百合丘ロータリークラブの2017-2018年度会長に就任した

中村 和広さん

7月7日号

吉田 靖さん

川崎市緑化センターの所長に今春就任した

吉田 靖さん

6月30日号

中山 茂さん

柿生地域の歴史と新聞記事収集70年の記録をまとめた「郷土愛という夢」を執筆した

中山 茂さん

6月23日号

角山 雅計(かくやま まさかず)さん

麻生区町会連合会会長を務める

角山 雅計(かくやま まさかず)さん

6月16日号

光邦(みつくに)さん

この春からFMヨコハマの朝の顔として「ちょうどいいラジオ」のDJを務める

光邦(みつくに)さん

6月9日号

五十嵐 豊和(とよかず)さん

「かわさき宙と緑の科学館の館長」に就任した

五十嵐 豊和(とよかず)さん

6月2日号

関連記事(ベータ版)

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「鳥人間」目指す青春映画

イオンシネマ新百合ヶ丘

「鳥人間」目指す青春映画

8月24日に試写会

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第105回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(3)〜検地(お縄内水帳) 前編

    7月14日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/