麻生区版 掲載号:2017年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

今月1日、2017-2018年度川崎麻生ロータリークラブ会長に就任した森 茂則さん百合ヶ丘カントリー倶楽部 代表取締役 59歳

互いに尊重しクラブ増強へ

 ○…「一人ひとり考え方は違ってもいい、自分の生きがいを見つけられれば」。2003年に川崎麻生ロータリークラブに入会以来、新百合ヶ丘周辺の清掃活動に取り組んできたが、昨年万福寺檜山公園で清掃をしていたところ、遊んでいた保育園児から「ごみ拾い、ありがとう」と言われ、「感動した。ボランティアをやっていてよかった」と心の底から思ったという。自分の生きがいを見つけ、「特にこの公園は茂みの中まで入って、ガサガサとゴミを拾っています」と微笑む。

 ○…区内王禅寺で生まれ育ち、柿生中時代は柔道の市大会で何度も優勝した。その体格をいかし、高校、大学とゴルフを続け、大学卒業後も、日中は百合ヶ丘カントリー倶楽部で経理を務めながら、夜はゴルフの練習という生活を3年間続けた。26歳の時、「日本代表になろう」と思い、最終テストに合格し、プロゴルファーに。努力を重ね、35歳の時初優勝を果たした。「パットを入れた瞬間、頭の中が真っ白になった」と当時を振り返る。今でいうナショナルチームのメンバーでもあり、国際大会にも出場した。

 ○…40歳でプロを引退してからは、百合ヶ丘カントリー倶楽部の経営者として、プロゴルファーの経験をふんだんにいかしながら、趣向を凝らした倶楽部づくりに奔走した。半日楽しめる練習場をめざし、他のクラブの現場のニーズやバランスを見てまわり、「汗をかいて、お客さんのニーズに応えていく」と、手作りのバンカーやグリーンを手掛けた。

 ○…麻生ロータリークラブの会員を現在の31人から35〜40人への増強をめざす。そのためには「若い人たちにもどんどん入ってもらいたい。若い人も含め、互いを尊重することが大切」と話す。世代を越え、スマホ研究会や例会で体操などを取り入れることも考える。年齢などによる隔たりを緩和し、クラブの基礎を強化していく。

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版の人物風土記最新6件

西野 弘二さん

川崎市麻生スポーツセンターの館長を先月から務める

西野 弘二さん

11月17日号

鈴木 文治さん

ラゾーナ川崎で開催される、障害者とアートに関するシンポジウムで基調講演を行う

鈴木 文治さん

11月10日号

大矢 紀さん

川崎市市民ミュージアムで3日から作品展「大地の輝きを描く」を開催する

大矢 紀さん

11月3日号

下村 弘孝さん

全日本還暦軟式野球選手権大会で2連覇した「川崎ドリーム」の代表を務める

下村 弘孝さん

10月27日号

山口 直子さん

第59次南極地域観測隊の夏隊に、教員枠で同行する

山口 直子さん

10月20日号

高桑 光雄さん

川崎フロンターレ麻生アシストクラブの新会長に就任した

高桑 光雄さん

10月13日号

麻生区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画作品90点を展示

絵画作品90点を展示

エルミロードで13日から

11月13日~11月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第111回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(1)石造物〜庚申塔 前編

    11月10日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク