麻生区版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

五感で遊ぶ 太郎作品 文化

企画展 10月まで

「おと・リズムで遊ぶ」コーナーの梵鐘
「おと・リズムで遊ぶ」コーナーの梵鐘
 川崎市岡本太郎美術館(多摩区枡形7の1の5)で企画展「岡本太郎と遊ぶ」が始まっている。

 「『遊び』は真剣な、全人間的な、つまり命のすべてをぶつけての無償の行為だ」と話していた岡本太郎。同展では「岡本太郎と遊ぶ」をキーワードに、体のさまざまな感覚を使って作品を鑑賞できる展示やイベントを行っている。

 展示室内には「さわって遊ぶ」「おと・リズムで遊ぶ」「仮面で遊ぶ」「においで遊ぶ」といったコーナーを設置。太郎が自由な感性で字を絵のように描いた「遊ぶ字」も見どころのひとつだ。また、会期中には漫画づくりや楽器体験、「赤ちゃんツアー」などの催しも随時予定している。

 午前9時30分から午後5時まで。月曜休館(祝日の場合は営業・翌火曜休館)。観覧料は一般900円、高・大学生・65歳以上700円、中学生以下は無料。問合せは同館(【電話】044・900・9898)へ。

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

29日からしんゆり映画祭

29日からしんゆり映画祭

中野量太監督らも登場

10月29日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第110回 シリーズ「麻生の歴史を探る」徳川入府(5)〜増上寺領王禅寺

    10月20日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク