箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月10日号

湯河原

メロン量産へ 経済

土肥の温室で40個結実

▲桜木公園前の(有)アートたかはし屋上でメロンを育てる高橋社長。自動で肥料を与え、温度調節する設備も完備している。日当たりが良く3ヵ月ほどでこのサイズに。手作業で受粉させ、40個が実った。
▲桜木公園前の(有)アートたかはし屋上でメロンを育てる高橋社長。自動で肥料を与え、温度調節する設備も完備している。日当たりが良く3ヵ月ほどでこのサイズに。手作業で受粉させ、40個が実った。

 ミカン栽培が多い湯河原町で、異色の温室メロンが育っている。桜木公園前で看板製作業などを営む高橋和雄さん(69)が自社の屋上で水耕栽培しているもので、白い網目がついた直径14センチの果実が40個ほどぶら下がっている。試食は15日頃の予定だ。高橋さんは趣味でキュウリやトマトなどの水耕栽培を10年以上続けていたが、ある日テレビでメロンの水耕栽培が紹介されているのを見て「湯河原でもできる」と発起。1年前にアクリル板加工の腕を生かして水耕設備を製作し、種から育て、甘い実をつける事に成功した。

 昨年秋からはさらなる量産や販売を目指して本格的な機器を購入。年末に植えた種も3ヵ月ほどでこのサイズになったという。目標は温泉水で栽培する湯河原ブランドづくり。ネーミングも検討中だ。「メロンは女房が好きなんです。夏にかけて160個は収穫したい」と話している。
 

関連記事powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

東海道線も走った

オリエント急行客車

東海道線も走った

6月23日号

金次郎が教科書に登場

国際武道大が準優勝

勝俣翔貴さんは3番打者

国際武道大が準優勝

6月23日号

助っ人団体が始動

地域の困り事を住民で解決 大平台

助っ人団体が始動

6月23日号

なぜ…?閉じた水門を語る

真鶴半島と花園競演

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/