箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月10日号

箱根園でヒナ誕生 文化

ケープペンギン

親鳥の羽の下で温まる=箱根園提供
親鳥の羽の下で温まる=箱根園提供

 箱根園で2月22日にケープペンギンのヒナが生まれた。飼育員が1月下旬に巣穴で卵を発見し「ふ卵器」で温め、親鳥には差し替えた擬卵(ダミー)を抱いてもらい、孵化を待った。

 22日に殻を内側から叩き始め、ピーピーという鳴き声とともにヒナが姿を現した。現在は子育てを引き継いだ2羽の親鳥が交互に温め、口移しで餌を与えている。あと1カ月ほどで巣穴の外に出始める見込み。雄か雌かは成長してからの血液検査で判別するという。ケープペンギンは世界でアフリカ南部に分布し、同館は18羽を飼育している。
 

関連記事powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/