瀬谷区版 掲載号:2011年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷税務署の署長を務める 山下 孝一さん 都内在住 56歳

財産守る責任を担って

 ○…保土ケ谷・瀬谷・旭の3区を管轄する保土ケ谷税務署。2年前から署長に就任し、納税の管理、税に関する講演などの仕事を行っている。

 ○…「税務署と聞くと、どうしても硬い印象を持たれがち。区民のみなさんがもっと気軽に立ち寄れる場所にしていきたい」と笑顔を見せる。相続税や医療費の還付申告など、生活に関わりの深い税金について、質問や相談に対応する窓口も広く開放。地域のイベントなどにも積極的に顔を出し、地元に密着した存在を目指している。税務署に配属された頃は、消費税の導入など、納税そのものをPRしなければならない時代だったが「最近では税を納めること自体は既に習慣づいている。今後は電子申告(e-Tax)の周知など、納税者にとって利用しやすい税務署にしていく必要がある」と語る。これまで同署内で行ってきた年末の確定申告を、今年からみなとみらいの会場に移して混雑を和らげるなど、納税者の環境改善にも積極的だ。

 ○…趣味はスポーツ。「週末はいつも野球をしてます。家にいないことが多すぎると妻に怒られました」と苦笑い。特にウォーキングが好きで、56キロの尾根を1日がかりで歩く『KOBE六甲全山縦走大会』には毎年参加しているのだとか。「完走の表彰状が10枚集まるまでは続けますよ」と意気込む。ウォーキングも仕事も、座右の銘である「今こそ出発点」の姿勢を大切にしている。

 ○…今年の『税を考える週間』は「税の役割と税務署の仕事」がテーマになっているが「警察や消防が生命を守る役割なら、税務署は財産を守る役割だと考えてもらえれば」と説明。税への理解を深めるため、学校での租税教育などにも力を入れていく。税に関わる職に就いて37年。「なくてはならない仕事だという想いが、やりがいになっていますね」。地域住民の財産を守るため、今後も初心を忘れず走り続ける。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク