瀬谷区版 掲載号:2013年2月14日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷区保健活動推進員会会長を務める 岸本 嘉章さん 本郷在住 70歳

元気の源はウォーキング

 〇…「『きょうよう』と『きょういく』を高齢者に身につけて欲しい」。昨年、瀬谷区保健活動推進員会会長に就任。その他、本郷いきいき体操ピンコロ会、水緑(みりょく)の健康ウォークサポーター会、元気倶楽部の3団体の会長も務める。「『教養』じゃないよ、『今日、用』と『今日、行く』」と笑いながら説明してくれた。何もせずダラッと過ごしてしまうことの多い高齢者に「用事や行き先を作ることで、毎日やりがいを持って過ごして欲しい」と訴える。

 〇…本郷地区の保健活動推進員になったのは36年前。「地域の役に立ちたかったので自治会長に声を掛けてもらえて有難かった」。当時まだ働き盛りで仕事が忙しかったが、夜と土日だけ地域のボランティアに参加。64歳で会社を引退後、高齢者健康促進のための団体を3つ立ち上げ、今まで以上に精力的に活動を続けた。昨年秋にはそれらの活動が讃えられ、社会福祉市長表彰を受賞。「楽しい、良かった、と皆が言ってくれるから続けてこられた。今後は後継者の育成にも力をいれないと」自慢の髭を撫でながら目を細めて頷く。

 〇…とにかく歩くことが好き。「女房とね、月曜は大門川沿い、火曜は和泉川、という風に7つコースを作って毎日一緒に歩いてますよ」。徳川家康が「瀬谷八景」を選定したことを知り、水緑の会で4年前「新・瀬谷八景」を選んだ。「最近の瀬谷の名所を行き先にして、楽しくウォーキングしてもらえたらなと思って」。

 〇…千葉県九十九里生まれ。大学入学と同時に横浜へ。1969年、結婚を機に瀬谷へ移り住んだ。3人の子どもたちは独立し現在は妻と二人暮らし。歩きと同じ位好きなゴルフと旅行にも夫婦仲良く出掛けることが多い。トレードマークの髭を伸ばし始めたのは2年前。「女房は反対だったけど孫に『じいじはサンタクロースだよ』って言い続けたら諦めたみたい。ハッハッハッ」。元気よく豪快に笑う姿が印象的だった。

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

銅野 真夏(まなつ)さん

4月1日の瀬谷センターロビーコンサートで篠笛を披露する

銅野 真夏(まなつ)さん

3月22日号

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク