瀬谷区版 掲載号:2014年2月27日号
  • googleplus
  • LINE

全日本製造業コマ大戦で全国大会出場を決めた 岩佐 勇さん 五光発條(株)勤務 50歳

人生ものづくり

 ○…ばねメーカーの五光発條(株)(五貫目町・村井秀敏社長)。生産部で働く傍ら、中小製造業者が自作のコマを戦わせる「全日本製造業コマ大戦」に参加し、コマの製造、回し手を務める。1月29、30日に行われた南関東予選で2位に入り、来年行われる全国大会の出場が決まった。

 ○…車の整備工場に勤めていた父親の影響で、幼い頃からものづくりの世界に触れてきた。工業高校に進学後もバイク修理や製品組立などのアルバイトを積極的に経験。ものづくりへの興味を深めるとともに、現在に繋がる仕事を体で覚えていった。「この道以外は頭になかった」と、卒業後の進路にも迷いはなかった。村井社長がきっかけでコマ大戦に参加したのは約2年前。「私の回すコマが長く回り、いつの間にか会社の代表で大会に出ていた」と当時を懐かしむ。自社製品を作る機会が無い製造業にとって「コマという自社の看板製品を作ることが日々のモチベーションになっている」。笑って話す姿はまるで少年のよう。

 ○…「手作業なので誤差が生まれやすいが、その分愛着は人一倍ある」。コマ作製の機械を業務の主としていないため、手作業の旧式を使用。始めは加工しやすい鉄を材質にしていたが「大会に出ても1回戦負けだった」。負け続けたことで火が付き、業務の合間を縫って作戦を練る日々。これまで作ったコマは約100個に上る。「自分に合った形を出せるかが大事。加工を本職にしている人たちには負けたくない」。30年近いばね作りの経験を生かし、徐々に勝ち星を伸ばしていった。

 ○…妻と二人暮らし。趣味の釣りは小学生から40年続けている。奥多摩まで足を延ばすこともあるが、「今は専らコマ大戦だね」と第2の趣味に没頭している様子。「中小企業の意地を見せたいし、コマを通じて企業同士が協力し合い、互いの発展に繋がれば」と願う。ものづくり一筋の芯の強さを垣間見た。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク