瀬谷区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

64代目の理事長として横浜青年会議所の舵を取る 稲葉 崇浩さん 横浜市在住 38歳

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena

理事長として恩返し

 ○…318人のメンバーから構成される若手経済人の団体「横浜青年会議所」(以下、横浜JC)。そのトップを1月から務める。

 ○…今年度のテーマは「みらいへのアイデンティティ」。日本にある青年会議所の母体、JCI(国際青年会議所)の活動がアメリカではじまって100周年を迎え、「先人たちが行ってきたことを踏まえて、我々はこれからどうしていくべきかを見直そうという想いが込められています」と力強く話す。大学卒業後、アメリカに4年半留学した経験を活かし、青年会議所では海外事業にも積極的に参加してきた。「魅力ある横浜を海外にアピールするために、地域の良いところを発掘していきたい」と今までの経験を横浜JCでの地域活動に活かしていくつもりだ。

 ○…30歳を「ひとつの契機として」入会を決意した。「もともと個人で行動することが好きで、集団行動が苦手だった」というが、活動を通して変わっていった。「社会に合わせる生き方を勉強させてもらえる。自分の足りないところを補完してもらえる」。9年目を迎え、「多くの経験をさせてもらった恩返し」と理事長になることを決めた。

 ○…小学生時代を横浜で過ごした。「様々な場所で暮らしていたが、実家も横浜にあり、地元意識が強い」と横浜への愛着を語る。「最近は忙しくてまったく行けていない」というスキーは、インストラクターをしていたほどの腕前。ジャンルを問わず、小説から哲学書まで手にする読書家の一面も。「時間があればやりたいことはたくさんある」と微笑む。

 ○…普段は西区にある不動産会社の取締役を務める。「JCは前向きにチャレンジした失敗は許される。その経験が仕事にもJCにも活きる」と仕事での決断にJCでの経験も活かされている。「責任感ある理事長としての仕事に専念したい。自分のことを考えるのはそれからですね」と、恩返しの一年に専念するつもりだ。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

中区在勤 36歳

3月12日号

志駕 晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

3月5日号

小澤 操さん

横浜瀬谷ロータリークラブの50周年記念事業実行委員長を務める

小澤 操さん

北新在住 65歳

2月27日号

石田 七瀬さん

瀬谷区薬剤師会の会長を務める

石田 七瀬さん

瀬谷在勤 63歳

2月13日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月6日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク