瀬谷区版 掲載号:2015年9月10日号 エリアトップへ

瀬谷区シニアクラブ連合会の会長を務める 笹生(さそう) 登さん 三ツ境在住 80歳

掲載号:2015年9月10日号

  • LINE
  • hatena

シニアの元気で地域活性

 ○…「地域で楽しく元気に活動しようというのがモットー」。歌や踊り、将棋やウォーキングなど趣味が同じ者同士が集まって活動に励む「瀬谷区シニアクラブ連合会」。現在65団体、約3800人が参加し、9月3日には日頃の成果を披露するシニアステージを開催した。4月に会長となって半年。年々会員が減る状況を受け止め日々奮闘中だ。老人クラブ連合会から名前を変え、「5年、10年先にこの名前が定着してくれたら」と意気込む。

 ○…生まれも育ちも厚木市。小学校入学時に太平洋戦争が始まり、国民学校1期生として過ごした。陸軍の飛行場が近くにあり、頭上を飛ぶB29から身を守るため田んぼにしゃがみ込んだことも。「何が起きていたか、小学生の自分には理解できていなかったと思う」。戦後は新制中学に進学し、高校、大学で体操競技にのめり込んだ。その後、高校教諭の道へ。仕事の傍ら県体育連盟の活動に取り組み、理事長も務めた。全国高校総体が神奈川県で行われた当時は多忙だったが、「やっていて楽しかったね」と目を細めて語る。

 ○…結婚を機に瀬谷区に住むようになって50年。「ゆっくり呼吸をしながら住める場所」と話す。現在は三ツ境地区のあけぼの会会長。会員が持つ知識やスキルを教え合う「あけぼの大学」を実施するなど、学びや交流の場作りに力を注ぐ。「一人ひとりはバラバラでも、集まれば楽しみが増える。大会や発表会があると、そこに向かって目標を持つこともできる」と熱弁。根底にあるのは各地域での活動であり、その充実があってこそ全体が活性化すると考えている。

 ○…「自分の体を改善できるのは自分のみ」と語り、80歳を迎えた今も日常的に体を動かす。「会長になったからには楽しくやらないとね。頭の中のほとんどがシニアクラブのことだよ」。朗らかな笑顔と前向きな姿勢で、瀬谷区のシニアが輝く機会を生み出していく。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

籾山 喜代次(きよじ)さん

瀬谷区陸上競技協会の会長に就任した

籾山 喜代次(きよじ)さん

橋戸在住 82歳

6月4日号

仲野 直実さん

家庭倫理の会横浜西の会長を務める

仲野 直実さん

阿久和南在住 54歳

5月28日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月30日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月23日号

土肥(どひ) 賢太さん

サッカークラブ「瀬谷インターナショナルフットボール」の代表を務める

土肥(どひ) 賢太さん

橋戸在住 32歳

4月16日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

中区在勤 36歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク