瀬谷区版 掲載号:2015年10月15日号 エリアトップへ

瀬谷区薬剤師会の会長を務める 尾崎 春生さん 相模原市在住 61歳

掲載号:2015年10月15日号

  • LINE
  • hatena

地域と歩む薬局目指して

 ○…薬剤師会の活動は多岐に渡る。休日診療所や夜間救急センターへの出動、学校薬剤師としての活動のほか、プールの水質検査、区内の各医師会などとともに災害時の医療訓練なども行う。瀬谷区は約40の薬局が会員となり、若い世代も増えてきた。「事務局がなく大変なこともあるが、皆協力的でありがたい」と周囲への感謝を口にした。

 〇…出身は千葉県松戸市。母親が看護師だったこともあり、医療や薬に早くから興味を抱いた。小学校時代の夢は化学者。その思いのまま、中学では化学部へ入部した。大学は薬学部に進学。薬剤師の勉強に励む一方で、旅行研究会で青春を謳歌。「各地のユースホステルを使い、よく長旅をしていた。その頃を含めると、北から南まで、四国以外は行ったね」と笑顔で振り返る。卒業後、最初に務めたのは薬の問屋。それ以降は病院などへの転職を経験し、薬剤師としてのキャリアを積んできた。

 〇…現在、富士見通りの横浜薬局で管理薬剤師を務める。ここでの勤務は2度目。子どもがまだ幼かった33年前、下瀬谷に6年間住み、横浜薬局で勤務していた。「当時から瀬谷区の薬剤師会に入り、ずっとお世話になっていた」。バイクで区内を走っていると、住んでいた頃の懐かしい記憶が戻ってくるという。薬局には、日頃から地域の人がよく訪れる。顔見知りの人とは自然と会話も弾む。薬の飲み合わせについてアドバイスしたり、お薬手帳の携帯を呼び掛けたりと、「地域のかかりつけ薬局としての意識がある。患者さんが相談しやすい環境づくりを心がけたい」

 〇…現在、薬剤師会が力を入れている分野の一つが在宅医療だといい、今年7月には初の在宅医療研修会を実施した。しかし、通常業務と並行しての在宅訪問は、充分な理解には至っていない。「2025年の超高齢化社会を見据え、しっかり取り組んでいきたい」と今後への思いを語った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

平本 秀真(ほずま)さん

瀬谷小学校の130周年行事実行委員会の実行委員長を務める

平本 秀真(ほずま)さん

相沢在住 39歳

11月26日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区在勤 60歳

11月19日号

古林 宏之さん

11月に初の演奏会を開くハワイアンバンド「ザ・レイワーズ」のリーダー

古林 宏之さん

二ツ橋町在住 83歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

高岩 敏和さん

阿久和北部見守り合いの集い運営委員長を務める

高岩 敏和さん

阿久和西在住 69歳

10月29日号

磯田 憲佑さん

10月に大会を初開催した瀬谷区硬式テニス協会の会長を務める

磯田 憲佑さん

阿久和西在住 81歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク