瀬谷区版 掲載号:2018年9月13日号 エリアトップへ

9月24日に演奏会を行う瀬谷三曲会の会長を務める 長濱 知洋さん 区内瀬谷在住 71歳

掲載号:2018年9月13日号

  • LINE
  • hatena

和楽器の音を楽しんで

 ○…「三曲」とは、箏、三絃、尺八の3種類の和楽器による音楽のこと。自身は尺八奏者として、長年演奏を続けている。区内の愛好家が集まって発足した瀬谷三曲会では、1990年以来欠かさず定期演奏会を続けてきた。9月24日は28回目の演奏会を予定。「一年間、この華々しい舞台に出るという目標に向けて会員一同頑張っています」。会長となり7年目の今年は、「去年より曲数が増えました。皆のやる気の表れです」と期待を込める。

 ○…尺八より先に興味を持ったのは箏だった。大学時代、ふと耳にした邦楽曲が「とてもしっくりきた」。卒業し飼料会社で働く中で、「仕事以外に一生続けられる趣味を持ちたい」と、憧れの箏曲家・宮城道雄氏を思い出し箏をやろうと考えたが、当時習っているのは大半が女性だった。「切り替えて、尺八を教えて下さいと新聞に投書したら、4、5件連絡が来たんです」と笑う。24歳から始め、流派の一つである都山流の師範資格を取得。勉強会に顔を出すなど技術向上に励む。

 ○…生まれは京都府。会社員時代に各地へ転勤し環境の変化を経験するも、趣味の尺八を続けたいという気持ちは変わらなかった。三曲会への入会は47歳の頃。当時は20人以上いた会員も11人になり、高齢化も進む。「自分も体力が無くなってきて、今後どうするべきか答えは出ていません」としながら、「良い雰囲気の会でありたい。皆に楽しんでもらうのが一番です」と思いを語る。

 ○…三曲会では演奏会などのほか、区内の福祉施設などを訪問し、演奏のボランティアも行っている。「懐かしい曲には反応が返ってきて嬉しいですね」と地域での交流にも積極的。和楽器の音の魅力、曲の魅力を届けようと、楽しみながら活動を続けている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞した横浜市消防局職員

瀬戸 勇さん

瀬谷区在住 40歳

10月3日号

大内 昇さん

瀬谷歯科医師会の会長を務める

大内 昇さん

三ツ境在勤 56歳

9月19日号

畑 武士さん

NPO法人楽竹会(らくちくかい)の理事長を務める

畑 武士さん

宮沢在住 75歳

9月12日号

相原 健一さん

瀬谷保護司会の会長を務める

相原 健一さん

阿久和西在住 65歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク