瀬谷区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

小さな声を聴く力、声をカタチに! 医療政策・地震対策から  横浜市会議員 かのう重雄

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

■ 小児医療費助成がまた一歩 前進!

 公明党市議団は、小児医療費の自己負担無料化を1992年に横浜市会で初めて提案しました。

 以来、対象年齢の拡充や所得制限の緩和を求め、現在までに通院にかかる対象年齢が小学6年生に拡充されています。

 また、9月からの市会定例会に、通院にかかる助成対象を中学3年生に拡充する条例改正も提出されました。条例改正が成立すれば来年4月から対象年齢が中学3年生にまで拡充されます。

 今回、所得制限緩和へ向けた検討を党市議団が本会議で求めたところ、市長からは、「対象年齢拡大の状況を踏まえて、20年度以降に検討したい」との答弁がありました。

 これからは、所得制限緩和に向けた動きが更に進むと思います。

○ 危険ブロック塀の改修瀬谷第二・三ツ境小も

 6月の大阪府北部地震で、危険なブロック塀の倒壊により、女児の命が失われた事故を受けて、党市議団として林市長や鯉渕教育長に対して実態調査を含む、緊急の申し入れを行いました。

 横浜市は、今まで木造住宅の密集地域や道幅の狭い道路沿いなどに限定していた危険ブロック塀の撤去費用の補助対象を、市内全域まで拡大すると発表しました。高さ1m以上で、建築基準法施行令の基準などに適合しないブロック塀等が対象です。

 予算議決後、10月4日から始まります。詳細は市建築防災課【電話】045・671・2930。

 また、今回の調査で、区内の瀬谷第二小学校と三ツ境小学校のブロック塀が、解体工事を行なう対象となり10月中の解体工事を目指しています。

 その後は、10月の補正予算が前提となりますが、年度内に新たなフェンス等の設置が行えるよう、取り組んでいきます。

 これからも、通学路を始め教育施設の安全対策、地震対策などに引き続き取り組んで参ります。

瀬谷第二小の危険なブロック塀(約100m)
瀬谷第二小の危険なブロック塀(約100m)

公明党横浜市会議員団瀬谷事務所

横浜市瀬谷区三ツ境125-25

TEL:045-365-2054

http://www.s-kano.jp

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6

「新たな防災・減災対策」と「共生社会の実現」を!

第4回定例会で一般質問(3) 市政報告【8】

「新たな防災・減災対策」と「共生社会の実現」を!

横浜市会議員 久保かずひろ

2月13日号

災害ボランティアの迅速な受け入れへ

第4回定例会で一般質問(2) 市政報告【7】

災害ボランティアの迅速な受け入れへ

横浜市会議員 久保かずひろ

1月23日号

「世界の中の日本」の役割

国政報告

「世界の中の日本」の役割

自民党副幹事長  横浜市連会長 衆議院議員 さかい学

1月9日号

防災・減災を政治の主流に!

第4回定例会で一般質問 市政報告【6】

防災・減災を政治の主流に!

横浜市会議員 久保かずひろ

1月9日号

瀬谷区のさらなる価値向上を目指して

市政報告【17】 安全安心から花博誘致まで

瀬谷区のさらなる価値向上を目指して

自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ

12月19日号

若年層の自殺対策の強化へ

ネットで相談・支援の輪を拡大! 市政報告【5】

若年層の自殺対策の強化へ

横浜市会議員 久保かずひろ

12月12日号

境川の護岸整備を推進

大型台風やゲリラ豪雨に備え 県政報告【9】

境川の護岸整備を推進

瀬谷区選出 神奈川県議会議員 田村ゆうすけ

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク