瀬谷区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める 関 洋二さん 新横浜在勤 56歳

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

安全で上質なサービスを

 ○…2017年に西武鉄道株式会社が(株)横浜アリーナを子会社化した際に、代表取締役社長に任命された。4月に行われた開業30周年記念事業の「大相撲横浜アリーナ場所」では土俵上で8千人の観衆を前にスピーチ。30年の歴史の重みに「前日はひとりきりでアリーナで練習をした」と苦笑いを浮かべるが、堂々と重役を果たした。

 ○…鉄道好きの社員が集まるなか、「幼少期から大好きだった野球を身近に感じられるから」と西武鉄道に入社。同社が上場廃止に揺れるなか、2006年には財務部に配属され、「社会人人生でも一番の激動の時代」を過ごした。社長就任を伝えられた際は「なんで自分が」と驚きを隠せなかった。しかし「西武グループも横浜アリーナも、どちらもサービスを提供するという点で理念は同じ」と新天地で社員を牽引していった。

 ○…出身は八王子市。中学・高校では部活動で野球に明け暮れた。「エース投手のおかげ」と謙遜するが、都立国立(くにたち)高校では2年生で甲子園にも出場した。夢見心地のままあっという間に過ぎた憧れの夏の舞台は、センターで先発して2つの内野ゴロと2四球。安打はなかったが「出塁率なら5割ですね」といたずらっぽく笑う顔には、野球少年の面影が残る。

 ○…横浜アリーナは昨年、年間で334日の好稼働率を達成。今年5月には、累計来場者数も5千万人を突破した。運営のモットーは『安全』。「安心して楽しめる環境を提供するのが使命」と語る。好調な運営が続くが、数年後には市内でアリーナ施設の新設も予定されている。「お客様に選ばれるよう、さらなるサービスの向上に磨きをかけていきたい」と、終始見せた優しい笑顔の奥に、経営者としての強い決意を覗かせた。

瀬谷区版の人物風土記最新6

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

佐藤 康(やすし)さん

横浜瀬谷ライオンズクラブの第46代会長に就任した

佐藤 康(やすし)さん

本郷在住 49歳

7月11日号

井上 博海(ひろみ)さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

井上 博海(ひろみ)さん

本郷在住 84歳

7月4日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク