瀬谷区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

長屋門公園で水彩画展を開催中の「蔵の会」の代表を務める 吉野 久さん 阿久和東在住 80歳

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

絵が深める心の通い合い

 ○…長屋門公園の蔵ギャラリーに並ぶ、水彩画およそ25点。作品を手掛けるのは、5人で構成されるグループ「蔵の会」の会員だ。絵は描き手と鑑賞者、そして蔵の会の会員同士を結ぶ一種の「コミュニケーションツール」だという。「お客さんが絵を観て何かを感じていただくことは、私にとって見えない会話のようなものなんです」と柔和な表情で語る。

 ○…地域活動に携わるようになったのは60代半ば。自宅と会社を行き来するだけの生活、地元を知らず近所とも面識が無い我が身を振り返り、会社を”卒業”して地域に”入学”した。そこからは自治会に始まり、阿久和北部地区で様々なボランティアを展開する団体「おやじの広場」と活動を拡大。蔵の会は同公園での展示会を観たことがきっかけとなり、入会した。「人は他人(ひと)とともに生き、出会いの数ほどその人生がある」--。座右の銘とするこの言葉の通り、素晴らしい仲間たちと出会えたことが一連の活動の財産だ。

 ○…「絵を描くことは写経するより、心身に良い」。ある高名な僧侶の言葉だという。蔵の会には90歳を超える会員も在籍する。傘寿を迎えた自身を振り返り、「子どもの頃は80歳というと相当のおじいちゃんだった。自分がその年齢になったとは信じられません」と笑う。創作におけるキーワードは「懐かしさ」。生まれ育った栃木県那須の自然や風景への郷愁が、その根底にある。

 ○…団体行動だという自治会やおやじの広場の活動は、年齢や後進へのバトンタッチを考えて、「定年」を意識するようになった。自分自身と向き合うことが求められるという水彩画については、「いつまでも元気でいられるように、仲間たちと絵を描き続けていきたい」と胸に抱く。

瀬谷区版の人物風土記最新6

大嶽 朋子さん

瀬谷区在宅医療相談室の室長を務める

大嶽 朋子さん

瀬谷区在住 60歳

12月5日号

谷口 康一さん

プラネタリウムや理科教室を開く瀬谷サイエンスクラブの代表を務める

谷口 康一さん

瀬谷在住 66歳

11月14日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月7日号

岩脇 朋夫さん

開館20周年を迎えた中屋敷地区センターの館長を務める

岩脇 朋夫さん

中屋敷在勤 62歳

10月17日号

菊本 和昭さん

NHK交響楽団で首席トランペット奏者を務める

菊本 和昭さん

旭区在住 38歳

10月10日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード」を受賞した横浜市消防局職員

瀬戸 勇さん

瀬谷区在住 40歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク