瀬谷区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

長屋門公園で水彩画展を開催中の「蔵の会」の代表を務める 吉野 久さん 阿久和東在住 80歳

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena

絵が深める心の通い合い

 ○…長屋門公園の蔵ギャラリーに並ぶ、水彩画およそ25点。作品を手掛けるのは、5人で構成されるグループ「蔵の会」の会員だ。絵は描き手と鑑賞者、そして蔵の会の会員同士を結ぶ一種の「コミュニケーションツール」だという。「お客さんが絵を観て何かを感じていただくことは、私にとって見えない会話のようなものなんです」と柔和な表情で語る。

 ○…地域活動に携わるようになったのは60代半ば。自宅と会社を行き来するだけの生活、地元を知らず近所とも面識が無い我が身を振り返り、会社を”卒業”して地域に”入学”した。そこからは自治会に始まり、阿久和北部地区で様々なボランティアを展開する団体「おやじの広場」と活動を拡大。蔵の会は同公園での展示会を観たことがきっかけとなり、入会した。「人は他人(ひと)とともに生き、出会いの数ほどその人生がある」--。座右の銘とするこの言葉の通り、素晴らしい仲間たちと出会えたことが一連の活動の財産だ。

 ○…「絵を描くことは写経するより、心身に良い」。ある高名な僧侶の言葉だという。蔵の会には90歳を超える会員も在籍する。傘寿を迎えた自身を振り返り、「子どもの頃は80歳というと相当のおじいちゃんだった。自分がその年齢になったとは信じられません」と笑う。創作におけるキーワードは「懐かしさ」。生まれ育った栃木県那須の自然や風景への郷愁が、その根底にある。

 ○…団体行動だという自治会やおやじの広場の活動は、年齢や後進へのバトンタッチを考えて、「定年」を意識するようになった。自分自身と向き合うことが求められるという水彩画については、「いつまでも元気でいられるように、仲間たちと絵を描き続けていきたい」と胸に抱く。

瀬谷区版の人物風土記最新6

石田 七瀬さん

瀬谷区薬剤師会の会長を務める

石田 七瀬さん

瀬谷在勤 63歳

2月13日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月6日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月1日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

保土ケ谷区在住 57歳

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

早春の神社と公園巡る

早春の神社と公園巡る

瀬谷水緑の健康ウォーク

2月24日~2月24日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク