瀬谷区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

小さな声を、聴く力! 令和2年第3回定例会より【3】 市政報告【18】 認知症疾患医療センターの区内設置が実現! 横浜市会議員 久保かずひろ

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

 認知症予防・治療の中核となる「認知症疾患医療センター」が、12月1日に瀬谷区の横浜相原病院内に開設されました。

●診断期間の改善を

 2025年には⾼齢者の5⼈に1⼈が認知症と推計されており、予防・早期発⾒が重要です。既に市内4カ所(鶴⾒・⾦沢・⼾塚・港北)に同センターが開所し、認知症かどうかの「鑑別診断」を実施しています。しかし、検査枠が少なく初診から診断結果が出るまで1〜2カ月を要するなどの課題が顕在化。この診断の遅れは、治療の遅れを招きます。また、同センターの機能は予防や早期発⾒のための専⾨相談や保健医療・介護関係者への研修もあります。市の規模を考えれば4カ所では少なすぎました。

●議会での整備要望

 不⼗分な状況を踏まえ、公明党市議団は2015年から議論を重ね、18年1⽉に市会本会議で「⾝近な地域で鑑別診断を受診でき、待ち日数も短縮できるよう認知症疾患医療センターを全区に整備すべき」と要望。市⻑からも前向きな答弁があり、本格的に検討が始まりました。そして20年度、まずは2区に1カ所の整備を予算化。現在の4カ所から9カ所への増設を決定。このほど瀬谷区を含め、新たに4カ所設置が実現しました!

●全区設置を目指して

 私も、認知症のご本人やご家族をはじめ、多くの皆様から認知症対策の声を頂いていました。引き続き、全18区設置に向けて取り組みます。

■活動服にマタニティウェアを

 市では、全消防吏員の女性比率を、2026年4月1日までに、現在の3・8%から7%にする事を目標としています。そこで、「活動服のマタニティウエアを整備すべき」と提案をしました。消防局長より「妊娠対応時に着用できる活動服タイプも、今後女性職員の声をしっかり聞き検討する」との答弁を得ました。併せて女性の採用の増加等に向けて「女性の仮眠室の整備など、より女性が安心して働くことができる職場づくり」も要望しました。
 

公明党市議団で市内のセンターを視察=12月3日
公明党市議団で市内のセンターを視察=12月3日

横浜市会議員 久保 かずひろ

市会議員室

TEL:045-671-3023

https://www.k-kubo.yokohama/

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6

地域の皆さまの声を、カタチに!

小さな声を、聴く力! 市政報告【20】

地域の皆さまの声を、カタチに!

横浜市会議員 久保かずひろ

2月11日号

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

1月21日号

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

コロナに勝利し、希望ある年”都市(とし)”へ!

小さな声を、聴く力! 市政報告【19】

コロナに勝利し、希望ある年”都市(とし)”へ!

横浜市会議員 久保かずひろ

1月1日号

認知症疾患医療センターの区内設置が実現!

小さな声を、聴く力! 令和2年第3回定例会より【3】 市政報告【18】

認知症疾患医療センターの区内設置が実現!

横浜市会議員 久保かずひろ

12月10日号

観光や芸術体験の充実を提言!

小さな声を、聴く力! 令和2年第3回定例会より【2】 市政報告【17】

観光や芸術体験の充実を提言!

横浜市会議員 久保かずひろ

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク