瀬谷区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【109】 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)・岸 久司※ヒクイナ撮影

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 クイナ(水鶏)鳴くは、俳句の世界では夏の季語で「一つ家を毎晩たたく水鶏哉」と正岡子規の句にも詠まれている。唱歌「夏は来ぬ」にも唄われ良く知られた鳥であるが、その姿を目にした方は少ないのでは。

 クイナは北海道、本州北部で繁殖し、本州以南で冬鳥として越冬する。夏の季語に詠まれるクイナは、ヒクイナ(緋水鶏)で全国に夏鳥として渡来し、キョッ、キョッ、キョッと連続して鳴くその声が戸を叩く様と詠まれたのである。クイナもヒクイナも水辺、湿地の同じ環境に棲息する鳥で、俳句の世界ではその違いを正す必要もなく、季節の鳥として詠んでいたのであろう。

 クイナはツル目クイナ科の鳥で日本では13種が記録され、ヤンバルクイナは有名である。全長は30cm弱で小型の鶏に似る。体上面は茶褐色で黒い縦班が入り、脇から下腹と下尾筒は鮮やかな白と黒の縞模様になっている。和泉川では例年1月に入ると現れるのであるが、今年は早く12月から見られている。警戒心の強いこの鳥を探すのも散策の楽しみにしては如何。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

3月11日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter