瀬谷区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【115】 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
瀬谷区内で見られるカタツムリ(左上から)ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイ(左下から)コハクオナジマイマイ、コベソマイマイ
瀬谷区内で見られるカタツムリ(左上から)ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイ(左下から)コハクオナジマイマイ、コベソマイマイ

 カタツムリはアワビやサザエ等と同じ巻貝の仲間で殻を持つ陸貝の総称である。梅雨の時期、カタツムリを観察中に触角に触れてみると、一旦引っ込めてすぐに伸ばしてくる姿に童謡の“♪でんでんむし・・・・”を思い出す。頭の上に長く目立つ大触角と下に小さな小触角があり、大触角は光を感じる目の役割で、小触角は物に触れて匂いや味を感じる触角だ。腹の部分が腹足という足の役割をしていて粘液を出しながら波打つように動かして移動する。やわらかい草の葉や腐食した木等を食べ、雄雌の区別が無く雌雄同体である。

 数年前に貉窪公園の谷道でカタツムリの殻の向きが違う個体を発見。渦巻の方向が左巻きで、調べるとヒダリマキマイマイであることが分かった。

 瀬谷区内で見られるカタツムリはほとんどが右巻きでミスジマイマイが多く、ごくまれにヒダリマキマイマイが見つかることがある。梅雨の季節、左巻きのカタツムリを探してみてはいかが!なお、カタツムリには寄生虫がつくことがあるので触れた後はよく手を洗うこと。
 

6/30家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより【122】

瀬谷の生き物だより【122】

リュウキュウサンショウクイ文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月23日号

瀬谷の生き物だより【121】

瀬谷の生き物だより【121】

シロハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

12月19日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第20回 瀬谷区が生まれて50年〜人口からみた戦後の瀬谷の都市化文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

12月19日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

連載

地図・絵図で見る瀬谷の生い立ち

第19回 瀬谷区制40周年記念『瀬谷区歴史地名ガイドマップ』に見る瀬谷の特徴文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

11月28日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月28日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅医療や家族支援知る

在宅医療や家族支援知る

公会堂で上映会とシンポ

2月1日~2月1日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク