瀬谷区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【115】 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
瀬谷区内で見られるカタツムリ(左上から)ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイ(左下から)コハクオナジマイマイ、コベソマイマイ
瀬谷区内で見られるカタツムリ(左上から)ミスジマイマイ、ヒダリマキマイマイ(左下から)コハクオナジマイマイ、コベソマイマイ

 カタツムリはアワビやサザエ等と同じ巻貝の仲間で殻を持つ陸貝の総称である。梅雨の時期、カタツムリを観察中に触角に触れてみると、一旦引っ込めてすぐに伸ばしてくる姿に童謡の“♪でんでんむし・・・・”を思い出す。頭の上に長く目立つ大触角と下に小さな小触角があり、大触角は光を感じる目の役割で、小触角は物に触れて匂いや味を感じる触角だ。腹の部分が腹足という足の役割をしていて粘液を出しながら波打つように動かして移動する。やわらかい草の葉や腐食した木等を食べ、雄雌の区別が無く雌雄同体である。

 数年前に貉窪公園の谷道でカタツムリの殻の向きが違う個体を発見。渦巻の方向が左巻きで、調べるとヒダリマキマイマイであることが分かった。

 瀬谷区内で見られるカタツムリはほとんどが右巻きでミスジマイマイが多く、ごくまれにヒダリマキマイマイが見つかることがある。梅雨の季節、左巻きのカタツムリを探してみてはいかが!なお、カタツムリには寄生虫がつくことがあるので触れた後はよく手を洗うこと。
 

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【5】

横浜とシュウマイと私

「駅ナカ×中華街=横浜新名物」

8月26日号

瀬谷の生き物だより139

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット)

瀬谷の生き物だより139

8月19日号

寳藏寺墓苑&樹木葬墓地 花の苑

墓石付き完成墓地105.5万円~樹木葬墓地33万円~☎0120・514194

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook