瀬谷区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【121】 シロハラ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同上)

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 秋も深まると、シベリアなど北の国で繁殖した多くの野鳥が日本海を越え、越冬のため日本に渡来する。

 ツグミの仲間のシロハラもその1種だ。国内では平地から山地の林、農耕地、市街地の公園の林などで冬を越す。体長は25cmとヒヨドリよりは少し小さい。体形・姿は胸や脇腹が橙色のアカハラ(前回参照)に極めてよく似るが、シロハラは名前の通り背は灰褐色で腹部が汚白色とその違いは明らかである。両種とも同じような環境に生息するがシロハラの方がより暗い林床に見られる。

 冬の静かな公園の散策時、木の下闇にカサカサと音が聞こえたら足を止めてみよう。シロハラが嘴(くちばし)で落葉を左右にかき分け飛ばしながらクモやヤスデを漁っている姿が目に入るかも。

 かつてシロハラは西日本に多く、関東地方ではアカハラの方が多く見られたものである。赤勝て白勝ての運動会ではないが、近年は関東でもシロハラの方が多くみられる様になったのは何故か。野鳥を通して自然界の変化の要因を考えてみるのも一興である。
 

瀬谷区版のコラム最新6

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

瀬谷の生き物だより131

アトリ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより131

11月19日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第7回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その2)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月29日号

瀬谷の生き物だより130

マミチャジナイ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより130

10月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第6回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その1)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

9月24日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク