瀬谷区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

瀬谷の生き物だより【124】 ビンズイ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷市民の森を散歩していると、林の中から飛び立つ数羽の鳥を目にすることがある。ビンズイである。地面で採餌している姿に気が付かず、飛び出したときに発する「ヅッィー ヅッィー」と鳴く声であっ!ビンズイがいたのだと知れる。

 夏は亜高山帯に生息・繁殖し冬になると温暖な平地に下りてくる。このように春夏と秋冬に生息場所を移動する鳥を漂鳥という。スズメ目セキレイ科の鳥で、松、杉の樹上、横枝の上で尾羽を上下に振る姿や動作は、水辺に生息するセキレイ科の鳥の特徴と一にする。全長16cmで、背上面は緑褐色で細い黒褐色の縦斑。体下面は白く、明瞭な黒褐色の縦斑がある。夏は昆虫類を主食とし、秋冬は植物質のものを多く採る。

 初夏の高原で、針葉樹の梢にとまったビンズイが雲雀の様に美しく複雑に囀ることから、別名キヒバリ(木雲雀)とも呼ばれる。ビンズイと同属で酷似するタヒバリ(田雲雀)も和泉川の水辺などで観られるがこちらは別の機会に紹介したい。

 瀬谷市民の森から下流の和泉川へと冬鳥の旅立ち前の姿を探るのはどうだろう。
 

瀬谷区版のコラム最新6

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

瀬谷の生き物だより131

アトリ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより131

11月19日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第7回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その2)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月29日号

瀬谷の生き物だより130

マミチャジナイ 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより130

10月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第6回 地形から見た瀬谷の地名と村の様子(その1)文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

9月24日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク