瀬谷区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

コジュケイ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより132

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷市民の森を散策していると、突然森の奥から「ピッ、ピッ、ピュクイ」と大きな声が聞こえることがある。一般に「ちょっと来い」と聞き做(な)しされているコジュケイ(小綬鶏)の鳴き声である。

 本種は中国南部に分布する鳥で、大正時代に狩猟鳥として関東で放鳥されたものが、現在は積雪地を除き全国的に分布する様になった。キジ科に属し、体長は27cm程で小さな鶏という感じ。額から過眼線・喉下は青灰色、頬から頸横は赤褐色、体の上面は茶褐色と白黒の斑模様、腹部は黄橙色に褐色の斑があり、カラフルな鳥である。雌雄同色で雄には蹴爪がある。平地から低山帯の林縁や下藪の茂みに数羽の群れで棲息し、草や木の実、昆虫、クモ等を採餌する。

 普段は開けた場所には余り姿を現さないが、何かに驚くと低く飛び上って逃げることがある。

 市民の森や東山の水辺・貉窪公園などで鳴き声を耳にしたら静かに近づいてみよう。茂みや落葉の間で餌を探しているコジュケイの姿が見られるかも。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

3月11日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第10回 バス停・公園・橋に残る地名【その3・橋の名前と地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

2月11日号

瀬谷の生き物だより133

イカル 文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより133

2月11日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter