瀬谷区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより135

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 4月、瀬谷市民の森を散策していると、道端に赤紫色をした小花が茎の先端にかたまって咲いている草を見かけた。近寄って見るとムラサキケマンである。

 本種は全国各地の低地の明るい林の中や、縁の草地等に普通に見られる野草。ケシ科に属し、草丈は20〜50cm、4〜6月に長さ2cm程の赤紫色の細長いラッパ状の唇形花を花穂の先に多数付ける。葉は柄があり、長さ3〜8cmで2回3出複葉、小葉の先は細かく羽状に裂けており全体に柔らかな感じを受ける。纏まって咲く様子が美しいので観賞用に庭に植えているのを見ることもある。ただ、草全体にアルカロイドを含み有毒とのことである。

 名前の由来は、花が纏まって付いた花穂の形が仏堂の欄間に掛けた金銅製の装飾具の一種である華鬘(けまん)に似ているとして付けられたとのこと。

 なお、ムラサキケマンの果実は6月頃成熟し蒴果となる。それを手で包むようにそっと触れると果実の中の種子が掌の中で弾けるのが分かる。草地のある公園や畑地の脇などの散歩の折に見かけたら試してみては如何。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

5月7日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第12回 土地の記憶を残す地名と「ハザードマップ」文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月22日号

瀬谷の生き物だより135

ムラサキケマン 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより135

4月15日号

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

第11回 バス停・公園・橋に残る地名【その4・由来不明の多い瀬谷の歴史地名】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

3月25日号

瀬谷の生き物だより134

カシラダカ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより134

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter